宮川音五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮川 音五郎(みやかわ おとごろう、天保元年(1830年) - 明治4年5月25日1871年7月12日))は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての人物。新選組局長の近藤勇の実兄。音次郎乙五郎とも。後に源治郎(6代目)。諱は光信。天然理心流門人。

生涯[編集]

天保元年(1830年)、農民・宮川久次郎の長男として誕生。

嘉永元年(1848年)、弟である粂次郎、勝五郎(後の勇)と共に、天然理心流3代目近藤周助に入門し剣術を学ぶ。弟・勇が天然理心流を継ぎ、文久3年(1863年)に浪士組として上洛すると、留守となった試衛館や家族の面倒を任された。その後、戊辰戦争の最中に勇が処刑されると、息子・勇五郎らと図って板橋刑場に赴き、泣く泣く勇の遺体を掘り出して持ち帰り、宮川家菩提寺である龍源寺に埋葬したという(この話を創作とする説もある)。

脚注[編集]