宮川粂次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮川 粂次郎(みやがわ くめじろう、天保3年(1832年) - 明治8年(1875年3月7日)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての人物。新選組局長・近藤勇の次兄。天然理心流門人。幼名は粂蔵。諱は宗信。宗兵衛惣兵衛総兵衛とも。一時、佐藤姓を名乗った。

生涯[編集]

天保元年(1832年)、農民・宮川久次郎の次男として誕生。

嘉永元年(1848年)、弟・勝五郎(後の勇)に説得されて、しぶしぶ近藤周助の天然理心流に入門。盗賊相手に勝負を挑もうとするなど[1]、血気に逸る性格で腕も立つが、剣術の稽古には不熱心だったといわれる。その後、多摩郡野中新田の佐藤家に婿養子として迎えられ、佐藤宗兵衛と名乗るが、安政2年(1855年)に佐藤家と離縁し宮川家へ戻る。

元治元年(1864年)、京都へ上洛。禁門の変を間近で見聞し、兄・宮川音五郎へ弟・勇が率いる新選組の様子を手紙で伝えた。慶応元年(1865年)10月、郷里に帰る。

明治8年(1875年)、死去。享年44。

脚注[編集]

  1. ^ 新選組辞典、2003年12月15日発行、43頁。