宮川淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮川 淳(みやかわ あつし、1933年3月13日 - 1977年10月21日)は、日本の美術評論家。当時の東京市大森区生まれ。

略歴[編集]

幼年期は、外交官である父の海外赴任先と自宅とを往復していた。

1953年に、東京大学文学部美学美術史学科へ進学。この年から、種村季弘吉田喜重たちと同人誌『望楼』を刊行。読書会には、フランス文学者である清水徹豊崎光一渡邊守章らが加わった(清水、種村、豊崎は、のちに著作集の編集委員となる)。

そのテクストは、アンドレ・ブルトンモーリス・ブランショジョルジュ・バタイユモーリス・メルロー=ポンティロラン・バルトクロード・レヴィ=ストロースジャック・ラカンジャック・デリダなど、多くが、現代思想に繋がる当時のアクチュアルな思想家のものだった。シュルレアリスム構造主義周辺の思想・文学を受容しつつ独自の思索を展開していった宮川は、美術史の領域で先鋭的な仕事を残すと同時に、清岡卓行をはじめとする同時代の詩人への犀利な批評や、ブルトン、バタイユの翻訳など、文学の領域でも優れた仕事を残した。

1955年、大学を卒業し、日本放送協会に就職する。翌年、『美術手帖』『みずゑ』等に寄稿するようになる。1959年、結婚。1965年、NHKを退職。成城大学文学部講師になる。1969年、成城大学文学部助教授。1971年、東京大学非常勤講師。招いたのは、当時東大の学生だった小林康夫である。その間にも、上記の思想家たちの講読もしていた。

1977年、肝臓癌で44歳の若さで死去。

わずか10年ほどの著作活動ながら、その影響は絶大である。特に「引用」という概念は、蓮實重彦の「表層」などと共に、当時の流行にもなった。

主な著著・訳書[編集]

※主に没後刊の新版。

  • 『宮川淳著作集』(全3巻)、美術出版社、1980-1981年、新装版1999年。装幀担当は詩人の吉岡実
  • 『引用の織物』筑摩書房 1975年、新版1980年
  • 『どこにもない都市どこにもない書物』清水徹共著 小沢書店、1977年 / 水声社 2002年
  • 『美術史とその言説(ディスクール)』中央公論社 1978年 / 水声社 2002年
  • 『鏡・空間・イマージュ』白馬書房 1987年
  • 『紙片と眼差とのあいだに』小沢書店 1988年 / 水声社 2002年
  • 『宮川淳絵画とその影』建畠晢みすず書房[大人の本棚] 2007年

参考文献[編集]

  • 『特集 宮川淳、30年の後に』 水声通信 No.12 (水声社 2006年)