宮崎邦次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮崎 邦次(みやざき くにじ、1930年1月15日 - 1997年6月29日)は、第一勧業銀行頭取・会長、全国銀行協会連合会会長、日本経営者団体連盟副会長等を歴任した。

来歴・人物[編集]

佐賀県佐賀市出身。父の宮崎林三郎(2代目)は、失明と貧困の中で画期的な縄ない機を発明し成功を収めた林三郎(初代)から見込まれ[1]、養子に入り農機具販売店を営んだ。また両親共に篤志家として知られていた[2]

宮崎は7人兄弟の下から2番めの4男として生まれ、長兄の宮崎善吾は佐賀県副知事を経てエフエム佐賀社長等を歴任。次兄は家業を継ぎ、三兄の宮崎幸造は西日本新聞社で編集局次長を務めた[2]

龍谷学園中学校西南学院高等専門学校を経て九州大学法学部を卒業[3]

1952年第一銀行に入行。大阪支店に配属され、器用でなかったことから通常2年程度で終わる記帳業務を6年間も続けた。また東大や京大、東京の私大出身者が幹部を占める都市銀行では、旧帝大とはいえ地方大学出身の宮崎は幹部候補生とはみなされてはおらず、幹部候補にとって登竜門である海外勤務を経ることなく、営業店や地味な営業畑を歩んだ[4][5]

1968年から翌年に掛け、神戸支店における枢要取引先である神戸製鋼所で内紛が勃発。児玉誉士夫の介入を許す所となった。この際に児玉と神鋼経営陣のメッセンジャーを担ったのが、子分の木島力也(小池隆一の師匠)であった。この内紛は当時、都銀との合併を模索していた第一銀行にとって大きなアキレス腱となっており、木島は、神鋼の内紛収拾に一役買うことで、第一銀行頭取であった井上薫に恩を売った[6]。この折に宮崎は、神戸支店次長の役職にあり、木島の動きを目の当たりにしていたため[7]、これをもって、合併後の第一勧業銀行内部では「第一銀行の裏人脈に通じた」と見なす人もいたが、当時の支店長が真面目な人柄と仕事ぶりを評価して宮崎を引き上げた。という見方が一般的である[8]

1971年10月、日本勧業銀行と第一銀行の合併によって、第一勧業銀行が発足。その半年後に企画部に移動しMOF担となる[8]。この後、合併の立役者であった井上薫初代会長の秘書役に就いたことをきっかけに、出世の階段を登る[9]1979年に49歳で取締役に選任。以降、常務、専務を経て、藤森鉄雄会長から手腕を買われ副頭取に抜擢される[10]

バブル景気の絶頂期である1988年3月に麹町支店において発覚した36億円にのぼる不正支出の発覚で、羽倉信也頭取らが責任を取る形で退任したことを受け[9]、副頭取在任1年で同年6月に頭取に昇格した。宮崎の頭取就任は、都銀界において協和銀行の横手幸助に次いで、2人目の昭和生まれでの頭取就任となったことから、金融界に新風を吹き込むものと報じられた[10]。頭取在任時には、井上が大物フィクサーと付き合う姿に接していたため、自身も躊躇なくいろいろな人物と接触。その中の1人には最後の黒幕といわれる西山広喜もいた。そして1993年にオープンした宮崎市の大型リゾート施設であるシーガイアの建設にあたっては、西山からの働きかけに応じ、1000億円の協調融資を実行した[11]

1992年に代表取締役会長に退く。この際は会長、頭取が同時退任し、旧第一、旧勧銀の出身者が会長と頭取を交代する慣例を廃したため、宮崎は頭取と会長の両方を経験する初の人物となった[9]。会長を退いた後も、奥田正司や近藤克彦の経営首脳に影響力を保ち続け[4]1996年に会長を奥田に譲り相談役に退いた際には、慣例を破り取締役から身を引いた[9]

1989年から翌年まで全銀協会長、1992年5月から1997年5月まで日経連副会長を務めた[4]。加えて人格、識見に対する銀行内外の評価が高かったことから、1997年4月に日本銀行政策委員会委員への起用が内定していたが、『第一勧業銀行総会屋利益供与事件』の発覚で実現しなかった[4][9]。同事件の発覚によって、東京地検から厳しい事情聴取を受けた後、

今回の不祥事について大変ご迷惑をかけ、
申し訳なくお詫び申し上げます。
真面目に働いておられる全役職員そして家族の方々、先輩のみなさまに
最大の責任を感じ、
且つ、当行の本当に良い仲間の人々が逮捕されたことは、
断腸の想いで、
六月十三日相談役退任の日に、
身をもって責任を全うする決意をいたしました。
逮捕された方々の今後の処遇、
家族の面倒等よろしくお願い申し上げます。
スッキリした形で出発すれば
素晴らしい銀行になると期待し確信しております。
永年のご交誼に感謝いたします。 宮崎

としたためた近藤、奥田のほか杉田力之会長兼頭取に宛てた遺書を残し[12][13][注 1]三鷹市大沢の自宅で首吊り自殺した。葬儀は親族らの「銀行に迷惑がかかる」との理由で密葬の形式となった[11]

学生時代は映画監督脚本家を志した。入行後は映画鑑賞を趣味とし、頭取となってからも週末は足繁く映画館に通った。また週刊誌に映画評論の連載を持ち、小森和子を師と仰いでいた[9][15]

脚注[編集]

[ヘルプ]

[編集]

  1. ^ このほか家族、弁護士宛の遺書も残した[14]

出典[編集]

  1. ^ 宮崎林三郎”. さがの歴史・文化お宝帳 佐賀市地域文化財データベースサイト. 2018年8月2日閲覧。
  2. ^ a b 『会長はなぜ自殺したか―金融腐敗=呪縛の検証』p.110 - 111
  3. ^ 『会長はなぜ自殺したか―金融腐敗=呪縛の検証』p.112、113、115
  4. ^ a b c d 「新生第一勧銀に衝撃 自殺した宮崎元会長 金融界の顔の1人」『読売新聞』1997年6月30日
  5. ^ 『会長はなぜ自殺したか―金融腐敗=呪縛の検証』p.116
  6. ^ 『会長はなぜ自殺したか―金融腐敗=呪縛の検証』p.45
  7. ^ 『会長はなぜ自殺したか―金融腐敗=呪縛の検証』p.46
  8. ^ a b 『会長はなぜ自殺したか―金融腐敗=呪縛の検証』p.118
  9. ^ a b c d e f 「一勧の顔だった宮崎氏自殺 会長の秘書役で頭角 理論派の気配り名人」『朝日新聞』1997年6月30日
  10. ^ a b 「都銀で2番目の昭和生まれ頭取 金融界に新風 第一勧銀の宮崎邦次氏」『読売新聞』1988年2月21日
  11. ^ a b 『AERA』1997年7月14日号
  12. ^ 『日本経済新聞』1997年6月30日
  13. ^ 『会長はなぜ自殺したか―金融腐敗=呪縛の検証』p.106
  14. ^ 『会長はなぜ自殺したか―金融腐敗=呪縛の検証』p.105
  15. ^ 『会長はなぜ自殺したか―金融腐敗=呪縛の検証』p.115

参考文献[編集]

関連項目[編集]