宮崎邦次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

宮崎 邦次(みやざき くにじ、1930年1月15日 - 1997年6月29日)は、元第一勧業銀行頭取。佐賀県佐賀市出身。龍谷学園中学校西南学院高等専門学校、九州大学法学部卒業。

来歴・人物[編集]

大学卒業後の1952年、第一銀行に入行。首都圏を地盤とする第一銀行では東京の大学閥が幅を利かせているため宮崎はエリートとは見なされず、一人だけ記帳業務を6年間も続けさせられた後、支店の営業を転々。幹部候補にとって登竜門でもある海外勤務もしていない。

神戸支店次長時代に神戸製鋼所の内紛を終結する際、児玉誉士夫とその子分の木島力也の介入が入る。

その後、井上薫の秘書室長、企画部長、常務、専務、副頭取と順調に出世して1988年、頭取に就任。1992年、会長に就任。

1993年にオープンした宮崎県の大リゾート施設シーガイア建設に際し、最後の黒幕といわれる西山広喜の介入により巨額融資をした。

1996年、相談役に就任した。ほかに全銀協会長、日経連副会長などの要職を歴任した。

1997年第一勧業銀行と四大証券を取り巻く金融不祥事『第一勧業銀行総会屋利益供与事件』が発覚。同年、東京地検から厳しい事情聴取を受けた後、「大変ご迷惑をかけ、申し訳なくお詫び申し上げます。」「逮捕された方々の今後の処遇、家族の面倒等よろしくお願い申し上げます。スッキリした形で出発すれば素晴らしい銀行になると期待し確信しております。」などと書かれた近藤克彦前頭取、杉田力之会長兼頭取ら宛ての遺書[1]を残し、三鷹市大沢の自宅で首吊り自殺した。

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本経済新聞 1997/06/30

関連項目[編集]