宮崎祐樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「宮﨑祐樹」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
宮﨑 祐樹
オリックス・バファローズ #24
Miyazakiyuuki 20160320.JPG
2016年3月20日 阪神鳴尾浜球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県唐津市
生年月日 (1986-11-29) 1986年11月29日(31歳)
身長
体重
178 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2010年 ドラフト3位
初出場 2012年5月4日
年俸 1,800万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

宮﨑 祐樹(みやざき ゆうき、1986年11月29日 - )は、佐賀県唐津市出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。オリックス・バファローズ所属。愛称は「タイソン[2]」。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

長崎日大高時代は捕手を務め、2年時の夏に1番捕手として甲子園出場を果たす。2安打1打点と活躍は見せたが1回戦で敗退。3年時の夏は長崎県大会ベスト4で敗退。

亜細亜大学へ進学するも、度重なる故障に苦しみ1部リーグ通算11試合出場で僅か5打数1安打に終わる。

大学卒業後は、セガサミーに入社。捕手としての入部だったが、同期に捕手が2名入部したこともあって外野手に転向すると、打力を買われて春から指名打者としてスタメン起用されるようになり、3番・センターとして定位置を確保した。
2年目は静岡大会では打率.421の活躍で優勝に貢献、続く京都大会では打率5割をマークし首位打者を獲得した。

2010年10月28日、プロ野球ドラフト会議にてオリックス・バファローズから3位指名を受けた[3]

プロ入り後[編集]

2011年、一軍出場は無く、二軍で96試合に出場し、打率.222、0本塁打を記録した。7月にはフレッシュオールスターゲームに出場した。

2012年、5月4日に一軍登録されたものの、4試合で9打席無安打、5三振に終わり、5月10日に登録抹消された。9月29日に一軍登録され、同日の千葉ロッテマリーンズ戦で1番・センターで出場すると、1回表にプレーボールの球を左翼席に叩き込み、プロ初安打初本塁打を初球先頭打者本塁打で飾った[4]。この試合では3安打3打点で初の猛打賞、更には初盗塁も記録し、試合後に初のヒーローインタビューも受けた。なお、「1回表にプレーボールで初本塁打」を放った史上初の選手となった [5]。また、同僚の川端崇義がこの年に初本塁打を満塁本塁打で記録していたことで、先頭打者本塁打と満塁本塁打により初本塁打を記録した選手が同一年に揃ったのは、史上3例目となっている。その後も公式戦最終戦まで出場し続け、昇格後の7試合で打率.308(26打数8安打)、2本塁打6打点の成績を残した。

2013年、4月10日の福岡ソフトバンクホークス戦で決勝適時打を放つが[6] 、その後は調子を落とし2軍に降格[7] 。6月12日に再昇格すると[8]、対読売ジャイアンツ戦で即日スタメン起用される。ところが5回裏の打席でスクイズのサインを間違えた為[9] [10]に、三塁走者を狭殺されチャンスを潰してしまった。翌日には2軍降格となったが[11]、6月28日には再び1軍に昇格した[12]。1軍と2軍の往復を繰り返したが、自己最多の53試合に出場した。

2014年、一軍では4試合の出場、1本の安打を記録。

2015年は6、7月の出場試合27試合のうち25試合で出塁。最終的に45試合に出場し自己新の33安打14打点を記録。

2016年、23試合の出場で打率.238を記録した。

2017年、開幕一軍に入り代打での出場がメインだったが、4月中旬頃から1番中堅手としての出場機会が増え4月20日北海道日本ハムファイターズ戦(東京ドーム)では3回表に4年ぶりの本塁打を放つと7回表には自身初の2打席連続本塁打を放ちヒーローインタビューを受けた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 オリックス 11 37 35 3 8 2 0 2 16 6 1 1 0 0 2 0 0 13 0 .229 .270 .457 .727
2013 53 146 121 11 27 3 0 1 33 6 0 2 4 1 19 0 1 39 2 .223 .331 .273 .604
2014 4 8 5 0 1 0 0 0 1 0 0 1 0 0 3 0 0 2 0 .200 .500 .200 .700
2015 43 148 131 13 33 4 1 0 39 14 3 4 3 0 13 0 1 25 3 .252 .324 .298 .622
2016 23 49 42 3 10 1 0 0 11 0 0 1 3 0 3 0 1 8 0 .238 .304 .262 .566
2017 52 146 137 9 37 7 2 2 54 13 0 1 1 1 6 0 1 32 0 .270 .303 .394 .698
NPB:6年 186 534 471 39 116 17 3 5 154 39 4 10 11 2 46 0 4 119 5 .246 .317 .327 .644
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野












2012 オリックス 10 24 0 0 0 1.000
2013 41 47 0 1 0 .979
2014 2 3 0 0 0 1.000
2015 42 59 3 0 1 1.000
2016 15 16 1 2 0 .895
2017 39 53 2 1 1 .982
通算 149 202 6 4 2 .981
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 24 (2011年 - )

脚注[編集]

  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年12月18日閲覧。
  2. ^ “タイソン宮崎KO弾でJR東日本逆転発進”. スポニチアネックス. (2010年8月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/2010shakaijin/2010toshitaikou/KFullNormal20100830103.html 2012年9月28日閲覧。 
  3. ^ オリックス・バファローズ 2010年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手
  4. ^ プロ初安打が先頭打者本塁打だったのは、1952年種田訓久(南海)以来60年ぶりの快挙だった。また後述だが、初球先頭打者本塁打だったのは史上初だった。
  5. ^ “2年目・宮崎が史上初快挙 初安打のプロ1号がプレーボール弾”. スポニチアネックス. (2012年9月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/30/kiji/K20120930004228450.html 2012年9月30日閲覧。 
  6. ^ “【オリックス】T岡田の代打、宮崎がV打”. ニッカンスポーツ・コム. (2013年4月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130410-1110596.html 2014年5月19日閲覧。 
  7. ^ “【オリックス】平野恵らを登録”. ニッカンスポーツ・コム. (2013年5月2日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130502-1121106.html 2014年5月19日閲覧。 
  8. ^ “【オリックス】小島、宮崎を登録”. ニッカンスポーツ・コム. (2013年6月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130612-1141537.html 2014年5月19日閲覧。 
  9. ^ “オリ宮崎 サイン見落とし2軍降格”. ニッカンスポーツ・コム. (2013年6月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130613-1141923.html 2014年5月19日閲覧。 
  10. ^ 3塁コーチからのサインに打席を外して確認しておきながら、次投球ではスクイズの構えすらせず見逃していた。
  11. ^ “【オリックス】野中を登録、宮崎を抹消”. ニッカンスポーツ・コム. (2013年6月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130613-1141994.html 2014年5月19日閲覧。 
  12. ^ “【オリックス】T岡田ら登録、川端ら抹消”. ニッカンスポーツ・コム. (2013年6月28日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130628-1149094.html 2014年5月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]