宮崎未樹子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 レスリング・フリースタイル
レスリング世界選手権
1996 ソフィア 61kg級
1993 スタベルン 75kg級
1994 ソフィア 70kg級

宮崎 未樹子(みやざき みきこ、1967年8月10日 - )は、青森県出身の元女子レスリング選手である。1996年女子世界選手権61kg級金メダリスト。日本体育大学卒業[1][2]

来歴[編集]

学生時代から柔道で活躍。全日本選抜柔道体重別選手権大会66kg級3位の成績を残し、バルセロナオリンピックを目指していた。日体大柔道部の1年先輩に持田典子がおり、浦野弥生は後輩に当たる。日体大を卒業すると、持田を追って住友海上火災保険に入社した[1]

その後レスリングと出会い京樽クラブで活躍。さらには東京周栄クラブに所属[2]

当初61kg級であったが、2階級上の75kg級で1993年世界選手権に出場し銀メダル獲得。その後、70kg級まで絞り、61kg級に戻して1996年に世界チャンピオンとなった[2]

1998年、長らく君臨した日本チャンピオンから陥落し引退[2]

現在は宇都宮短期大学附属高等学校の教諭。

2008年に東京で開かれた世界選手権で歴代世界チャンピオンのひとりとして特別表彰された[3]

主な戦績[編集]

柔道

(出典[1])。

レスリング

(出典[2])。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]