宮崎智之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮崎 智之(みやざき ともゆき、1982年3月16日[1] - )は、日本のライターコラムニストエッセイスト東京都生まれ。

来歴[編集]

明治大学文学部卒業[2]。地域紙記者、編集プロダクションなどを経て、フリーライターに[3]。人間観察、現代の常識・非常識、カルチャーなどについての執筆を得意とする。

造語[編集]

  • 彼氏面男子[4][5] - 犬山紙子との対談[6]で、「彼氏面男子は、付き合ってもいないのに、あたかも彼氏のような言動をする男性のことですが、彼らは犬山さんが問題提起している「クソバイス」をすることが特徴の1つ」と述べている。
  • 社畜ポリス[7] - 「社会人の常識」を振りかざし、他の従業員にも強い倫理観を求める社内自警団。
  • 海藻カップル [8]- 終電間際に駅のホームで抱き合いながら揺れているカップル。
  • 告白ハラスメント(告ハラ)[9] - 恋愛の段取りを踏まない突然の告白は、相手に不快感を与えるという主張。「職場のハラスメント研究所」代表理事の金子雅臣からは、「断られたときにそれを受け止められなかったり、NOに気づかなかったり、『押せばなんとかなる』と何度もアプローチしたりするのは問題ですが、思いを伝える行為は恋愛には必要です。それをハラスメントとは言いません」と、その概念に異議が唱えられている一方、評論家の勝部元気は、「恋愛とは、ステップ・バイ・ステップで小さく段階的に進めていくものです。しかし、自分の内側で気持ちを高ぶらせ、突然それをぶつけると、相手には突発的な行動だと映ってしまいます。それは、ある意味ハラスメントと言えるでしょう」「そもそも、告白のない恋愛のほうがグローバルスタンダードです。徐々に関係性を深め、“気がついたら付き合っている”のが自然な流れでしょう」と語るなど、論争となっている[10]
  • 読モライター[11][12]インターネットやSNS上で、タレントや読者モデルのように振舞うライターのこと。その定義をめぐって議論を呼んでいる。

連載[編集]

  • 「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?(ダイヤモンド・オンライン)
  • あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル(ダイヤモンド・オンライン)
  • 現代〈悪女〉論(messy)
  • あなたをモヤモヤさせるB級新常識(ダイヤモンド・オンライン)
  • ぼくは、平熱のまま熱狂したい(幻冬舎plus)

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ムダ0採用戦略 21世紀のつながり採用』 (いろは出版 、2015年 ISBN 4902097869
  • 『モヤモヤするあの人 常識と非常識のあいだ』(幻冬舎文庫、2018年 ISBN 4344427513

共著[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宮崎智之『モヤモヤするあの人』重版出来(@miyazakid)さん | Twitter” (日本語). twitter.com. 2018年8月6日閲覧。
  2. ^ 宮崎智之 - ビジネス書著者紹介 - bookvinegar” (日本語). bookvinegar. 2018年8月6日閲覧。
  3. ^ “「ふつう」でいることが難しい時代<モヤモヤするあの人>宮崎智之 - 幻冬舎plus” (日本語). 幻冬舎plus. http://www.gentosha.jp/articles/-/10460 2018年8月6日閲覧。 
  4. ^ “ナシなのに「彼氏面する男」が跋扈する真因 | 恋愛・結婚” (日本語). 東洋経済オンライン. (2018年7月10日). https://toyokeizai.net/articles/-/228095 2018年8月6日閲覧。 
  5. ^ “女子が憤る「彼氏ヅラ男子」の圧倒的な“お前じゃない”感” (日本語). ダイヤモンド・オンライン. https://diamond.jp/articles/-/72165 2018年8月6日閲覧。 
  6. ^ “ナシなのに「彼氏面する男」が跋扈する真因 | 恋愛・結婚” (日本語). 東洋経済オンライン. (2018年7月10日). https://toyokeizai.net/articles/-/228095 2018年8月6日閲覧。 
  7. ^ “大雪でも定時に出社する人々は「社畜」なのか” (日本語). ダイヤモンド・オンライン. https://diamond.jp/articles/-/84869 2018年8月6日閲覧。 
  8. ^ “駅のホームで抱き合い、海藻のように揺れるカップルについて” (日本語). ダイヤモンド・オンライン. https://diamond.jp/articles/-/136342 2018年8月6日閲覧。 
  9. ^ “男からの愛の告白はセクハラなのか” (日本語). ダイヤモンド・オンライン. https://diamond.jp/articles/-/139496 2018年8月6日閲覧。 
  10. ^ 川口穣 (2018年7月30日). “告白もハラスメント? 「振るのもひと仕事」女性からの衝撃の本音 〈AERA〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット). https://dot.asahi.com/aera/2018072700057.html?page=1 2018年8月6日閲覧。 
  11. ^ “ライターが“読モ化”している件について【決定版】<あの人は、なぜあなたをモヤモヤさせるのか>宮崎智之 - 幻冬舎plus” (日本語). 幻冬舎plus. http://www.gentosha.jp/articles/-/8848 2018年8月6日閲覧。 
  12. ^ “"Eランクの有名人"ほどネットで褒め合う 「読モライター」をめぐるモヤモヤ | プレジデントオンライン” (日本語). PRESIDENT Online - PRESIDENT. (2018年7月25日). https://president.jp/articles/-/25710 2018年8月6日閲覧。 

外部リンク[編集]