宮崎日本大学中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮崎日本大学中学校・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人宮崎日本大学学園
設立年月日 1963年(昭和38年)
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
設置学科 特別進学科 総合進学科 英語進学科 芸術学科 情報ビジネス学科
学期 3学期制
高校コード 45503C
所在地 880-0121
宮崎県宮崎市島之内6822-2
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

宮崎日本大学中学校・高等学校(みやざきにほんだいがくちゅうがっこう・こうとうがっこう, Miyazaki Nihon University Junior and Senior High School)は、宮崎県宮崎市島之内にある男女共学私立中学校高等学校学校法人宮崎日本大学学園によって運営されている。日本大学準付属校で、中高一貫教育を行っている。

概要[編集]

2013年現在の総定員数は1,530人(募集定員は510人)で、宮崎県内で最も定員数が多い高校である[1]。宮崎日本大学中学校の生徒は宮崎日本大学高等学校に入試免除で進学できる。高等学校はスポーツが盛んな学校であるとともに、日本大学は固より東京大学などの旧帝国大学を含む、国立大学や難関私立大学への進学実績も多く、進学校としての側面もある。2004年から2006年まで文部科学省のスーパーイングリッシュランゲージハイスクール(SELHi)に指定されていた。

設置課程・学科
全日制課程 5学科
  • 総合進学科
  • 特別進学科 - 特進コース・SSCコース
  • 英語進学科
  • 情報ビジネス科 - 商業コース・ICTクリエイターコース
  • 芸術学科

沿革[編集]

  • 1963年(昭和38年)
    • 4月1日 - 「宮崎日本大学高等学校」が開校。
    • 4月25日 - 開校式と第1回入学式を挙行。日本大学法学部学部長の加藤一雄が初代校長に就任。
    • 7月28日 - 宮崎市の寄附により、木造校舎3棟が宮崎市島之内6822の2(現在地)に完成。
  • 1965年(昭和40年)3月31日 - 鉄筋コンクリート4階建ての本館が完成。
  • 1968年(昭和43年)3月31日 - 体育館兼講堂が完成。
  • 1969年(昭和44年)2月28日 - 鉄筋コンクリート3階建ての新館が完成。
  • 1983年(昭和58年)3月31日 - 第2体育館が完成。
  • 1984年(昭和59年)3月31日 - 特別棟が完成。
  • 1986年(昭和61年)
    • 3月1日 - 宮崎日本大学中学校設置および学校法人名の変更が認可され、学校法人宮崎日本大学学園となる。
    • 4月1日 - 「宮崎日本大学中学校」が開校。中高一貫教育を開始。
    • 4月8日 - 中学校開校式を挙行。
    • 5月6日 - 桜俊館(男子寮)が完成。
  • 1988年(昭和63年)
    • 1月9日 - 中学校校舎が完成。
    • 4月1日 - 高校に英語科・秘書科を新設。
    • 4月24日 - 駐輪場が完成。
  • 1990年(平成2年)3月31日 - 桜俊館(女子寮)が完成。
  • 1991年(平成3年)
    • 4月1日 - 高校、秘書科を秘書情報科に改編。
    • 7月1日 - 冷暖房を全館に完備。
  • 1993年(平成5年)4月1日 - 高校、特別進学科を新設。英語科を英語進学科に改編。
  • 1995年(平成7年)4月1日 - 高校、普通科を総合進学科に改編。国際商業科を新設。
  • 1997年(平成9年)4月1日 - 高校、商業科を廃止。
  • 1999年(平成11年)3月20日 - 第3体育館が完成。
  • 2001年(平成13年)
    • 4月1日 - 高校、国際商業科と秘書情報科を廃止し、情報ビジネス学科と情報デザイン学科を新設。
    • 10月5日 - 第2グラウンドを整備。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 文部科学省よりスーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール(SELHi)とIT人材育成プロジェクトの指定を受ける。
  • 2006年(平成18年)8月31日 - 第二女子寮が完成。
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 高校、芸術学科を新設。
  • 2015年(平成27年)8月- 高校、第97回全国高等学校野球選手権大会出場。

著名な出身者[編集]

交通アクセス[編集]

最寄りの鉄道駅
最寄りのバス停
最寄りの道路

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成25年度 宮崎県私立学校一覧 宮崎県公式ウェブサイト。2013年12月10日(同月18日閲覧時点)。県立高校で最も募集定員が多いのは宮崎大宮高校・宮崎西高校の400人(平成26年度県立高等学校生徒募集に係る情報提供について 宮崎県公式ウェブサイト、2013年7月10日)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]