宮崎恒彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮崎 恒彰(みやざき つねあき、1943年2月9日 - )は、日本実業家。元阪神電気鉄道取締役、阪神タイガースの元オーナー、取締役。

来歴・人物[編集]

1961年甲陽学院高等学校卒業(42回卒)。1965年神戸大学経営学部卒業後、同年、阪神電気鉄道へ入社。経理・企画部門、取締役、常務取締役などを歴任。2002年6月に阪神コンテンツリンク代表取締役社長、7月に阪神タイガース取締役に就任。2006年から2008年6月25日まで阪神タイガースのオーナーを務めた。

幼少より阪神タイガースのファンで小学生の頃「阪神子供の会」に入会し、下駄を履いて阪神甲子園球場へ観戦に出かけていたという。阪神入社後は企画畑を歩み「阪神タイガースの全国ブランド化」を提唱。2003年の阪神タイガース優勝の陰の功労者と言われる[1]

その他には朝日放送取締役も務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 2006年 阪神タイガース 選手名鑑[信頼性要検証]