宮崎忠次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮崎 忠次郎(みやざき ちゅうじろう、天保3年(1832年) - 明治3年10月27日1870年11月20日))は、明治時代一揆指導者。

経歴・人物[編集]

越中新川郡塚越村(現・富山県中新川郡立山町)の人物[1]

明治2年(1869年)10月から11月にかけて同郡内で起きた年貢減免などを要求した一揆・ばんどり騒動を指導した[1][2]。百姓を中心とした2万5000人余の一揆参加者が十村宅など42軒を打ちこわしたが、加賀藩銃卒隊の出動によって鎮圧され、その後、忠次郎は金沢にて処刑された[1]。没後の明治13年(1880年)、塚越村の旧居跡に宮崎忠次郎久明塚(顕彰碑)が建立された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『宮崎忠次郎』 - コトバンク
  2. ^ 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『宮崎忠次郎』 - コトバンク