宮崎八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮崎八郎
Miyazaki Hachiro.jpg
宮崎八郎
生年: 1851年
生地: 日本の旗 日本肥後国玉名郡荒尾村
没年: (1877-04-06) 1877年4月6日(26歳没)
没地: 日本の旗 日本熊本県八代市萩原堤
思想: 自由民権運動
影響を受けたもの: 中江兆民
テンプレートを表示

宮崎 八郎(みやざき はちろう、1851年嘉永4年)- 1877年明治10年)4月6日)は、熊本県出身の自由民権運動家。中江兆民仏学塾に学び、「九州のルソー」と呼ばれた[1]西南戦争西郷隆盛を支援し、26歳にして志半ばで戦死した。

生涯[編集]

肥後国玉名郡荒尾村(現熊本県荒尾市)の郷士宮崎政賢(宮崎長兵衛/長蔵)・佐喜夫妻の次男として生まれる。弟に宮崎民蔵宮崎彌蔵宮崎滔天がいた。父には山東家伝二天一流を弟たちとともに習っている。1864年(元治元年)元服長州征伐に父とともに従軍する。時習館に通う。1870年(明治3年)上京。1874年(明治7年)『征韓之議』を提出する。

ルソーの『社会契約論』の部分訳である中江兆民の『民約論』に影響を受ける。1875年(明治8年)4月26日、熊本県植木町に植木学校(校長は平川惟一、八郎は学務委員)を設立。自由民権運動のため県からの補助金を打ち切られ10月末で閉校する。東京の評論新聞社に入社。1877年(明治10年)、鹿児島県西郷隆盛私学校西南戦争をおこすと、民権家同士と熊本協同隊を結成し2月21日に川尻で薩摩軍に合流、桐野利秋のもと共に政府軍を相手に戦う。4月6日、熊本県八代市萩原堤で戦死。

脚注[編集]

  1. ^ 宮崎滔天 三十三年の夢松岡正剛の千夜千冊、1168夜、2006年12月30日

参考文献[編集]

  • 『宮崎兄弟伝』- 上村希美雄、(葦書房)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]