宮島一代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮島 一代(みやじま かずしろ、1967年12月17日 - )は茨城県下妻市出身の元サッカー審判員(元国際副審)。

来歴[編集]

茨城県立下妻第一高等学校-茨城大学教育学部数学科卒業。高校、中学、小学校の教諭を経て、現在は茨城県常総市立鬼怒中学校に勤務。

1998年12月に1級審判員として登録され、1999年Jリーグ副審デビュー。2005年より国際副審登録。2008年よりAFCエリート審判員。

これまで、Jリーグでの主審経験はないが、日本フットボールリーグでは安定したジャッジで信頼を受けていた。副審に転向後は、国際副審としてACLFIFAワールドカップ・アジア予選、また国内では2006年J1リーグ最終節の浦和レッズ-ガンバ大阪戦や、2007年ナビスコカップ決勝の川崎フロンターレ-ガンバ大阪戦、2008・09年・10年天皇杯全日本サッカー選手権大会準決勝などで活躍している。2012年には天皇杯とナビスコカップの2大ファイナルを担当。年末にはシンガポールでのSUZUKI CUPファイナルも担当し、国際副審としての定年を迎えた。

2015年の柳沢敦中田浩二新井場徹合同引退試合では主審を務め、終了間際のPKの際に、バニシングスプレーでピッチに「KOJI」と書き[1] スタジアムを沸かせた。「粋な計らい」「ベテランらしい演出」など、評判となった。

それまでの日本の国際副審と言えば廣嶋禎数に代表されるような小柄な審判員がほとんどだったが、180cmを超える長身の国際副審であった。

2010年8月15日J1リーグ第18節 京都C大阪戦(西京極)においてJ1副審担当120試合に到達した。通算29人目[2]

2016年7月9日広島対鹿島(エディオン)においてJ1副審担当200試合を達成した。通算6人目。

2017年シーズンを以って審判を引退[3]。副審としては第33節の鹿島VS柏、第4の審判員としては天皇杯決勝のセ大阪VS横浜FM。1級審判員としてのラストマッチは鈴木隆行の引退試合での主審で,中田浩二の引退試合同様、後半アディショナルタイムのPKの際に、バニシングスプレーで「TAKA」とピッチに書いた。

審判記録[編集]

Jリーグ登録 1999年-2017年

  • J1 主審0試合 副審220試合
  • J2 主審0試合 副審98試合
  • J3 主審0試合 副審1試合
  • ルヴァンカップ 主審0試合 副審52試合

2017年12月31日時点

脚注[編集]