宮岸泰治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮岸 泰治(みやぎし やすはる、1929年3月26日 - 2006年6月10日)は、日本の演劇評論家。

1956年早稲田大学国文科卒業、東京新聞記者となって演劇批評を書き、特に木下順二の「夕鶴」を見続けた。1987年退社。1996年『木下順二論』でやまなし文学賞受賞。妻は日本舞踊家の手島かつ子。

著書[編集]

  • 劇作家の転向 未来社 1972
  • ドラマと歴史の対話 影書房 1985.6
  • ドラマが見える時 影書房 1992.1
  • 木下順二論 岩波書店 1995.5
  • 転向とドラマトゥルギー 一九三〇年代の劇作家たち 影書房 2003.6
  • 女優山本安英 影書房 2006.10