コンテンツにスキップ

宮岡洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宮岡 洋一(みやおか よういち、1949年 - )は、日本数学者中央大学理工学部教授東京大学名誉教授。専門分野は代数幾何学。妻は数学者宮岡礼子

経歴

[編集]

1972年東京大学理学部数学科卒業。1975年東京大学大学院理学系研究科博士課程中途退学。東京都立大学立教大学京都大学数理解析研究所で教職に就く[1]。2001年より東京大学大学院数理科学研究科教授。2015年より中央大学理工学部教授[2]

1977年に発表した論文でボゴモロフ・宮岡・ヤウの不等式を証明した(Miyaoka 1977)。

マックス・プランク研究所に在籍していた1988年、フェルマーの最終定理の証明にこぎ着けたと報じられたが、後に不備があることが判明し、完全な証明には至らなかった(Gleick 1988)。

東京都立大学在職中、1989年度の日本数学会春季賞を「Chern 数の間の関係式とその応用」で受賞している。

2018年にチューリッヒで開催された国際数学者会議で招待講演をおこなった[3]

脚注

[編集]
  1. ^ 視点・インタビュー - 学研・進学情報2012年6月号(PDFファイル)
  2. ^ 宮岡洋一 - 中央大学研究者情報データベース
  3. ^ ICM Plenary and Invited Speakers 国際数学者連合公式サイト(英文)

出典

[編集]
  • Miyaoka, Yoichi (1977), “On the Chern numbers of surfaces of general type”, Inventiones Mathematicae 42: 225–237, doi:10.1007/BF01389789, ISSN 0020-9910, MR0460343 
  • Gleick, James (March 29, 1988), “Fermat's Theorem Solved? Not This Time”, New York Times, http://www.nytimes.com/1988/03/29/science/fermat-s-theorem-solved-not-this-time.html 

外部リンク

[編集]