宮尾與男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮尾 與男(みやお よしお、1948年(昭和23年) - )は、日本の近世文芸研究家。 宮尾しげをの子として東京に生まれる。宮尾慈良は同年の兄弟。日本大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。日本近世文学会委員、夕霧軒文庫長、近世文学研究者。

著書[編集]

校注など[編集]

  • 安楽庵策伝醒睡笑』編 自ソウ文庫、1976 台湾大学国書資料集
  • 『たむらのさうし』編 自榛文庫、1976 台湾大学国書資料集
  • 『江戸桜』編 自榛文庫、1977 台湾大学国書資料集
  • 『日本の文学 古典編 江戸笑話集』校注・訳 ほるぷ出版、1987
  • 『風流三匹獅子舞』中村規共著 東京都民俗芸能振興会、1993 民俗芸能セミナーブックス
  • 『伊豆大島元町民謡集』共編 東京都民俗芸能振興会、1994 民俗芸能セミナーブックス
  • 『元禄期笑話本集』校訂 話芸研究会、1995
  • 伊藤晴雨『江戸と東京風俗野史』編注 国書刊行会、2001
  • 『上方咄の会本集成 影印篇』編 和泉書院、2002
  • 宮尾しげを『彩色中国看板図譜 一九三〇年代の街路風物』宮尾慈良共編注 国書刊行会、2004
  • 『江戸艶笑小咄集成』編注 彩流社、2006
  • 『図説江戸大道芸事典』編著 柏書房、2008
  • 『対訳日本昔噺集 明治期の彩色縮緬絵本』全3巻 編 彩流社、2009
  • 安楽庵策伝『醒睡笑』全訳注 講談社学術文庫、2014
  • きのふはけふの物語 全訳注』講談社学術文庫 2016

論文[編集]

参考[編集]