宮城黎子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮城 黎子
Reiko Miyagi
Tennis pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 同・東京都大田区
生年月日 (1922-05-27) 1922年5月27日
没年月日 (2008-06-01) 2008年6月1日(86歳没)
死没地 同・東京都世田谷区
4大大会最高成績・シングルス
全豪 1回戦(1964)
全米 2回戦(1964)
獲得メダル
女子 テニス
アジア大会
1958 東京 ダブルス
1962 ジャカルタ ダブルス
1958 東京 混合ダブルス
1966 バンコク 混合ダブルス
1962 ジャカルタ シングルス
1962 ジャカルタ 混合ダブルス

宮城 黎子(みやぎ れいこ、1922年5月27日 - 2008年6月1日)は、東京都大田区出身の女子テニス選手。

1950年代から60年代にかけて一世を風靡し、全日本選手権では1952年にシングルス初優勝。男女通じ最多となるシングルス10回(8連覇を含む)、ダブルス11回、混合ダブルス11回優勝。史上最多となる合計32個のタイトルを獲得している。

1964年、第2回フェデレーションカップ(現・フェドカップ)の日本代表選手に選ばれた。この年に全豪選手権全米選手権にも出場し、42歳にして4大大会に挑戦した。全豪選手権は初戦敗退に終わったが、全米選手権では1回戦を突破し、2回戦でビリー・ジーン・モフィットアメリカ、当時21歳)に挑戦したことがある。

引退後は1978年から1982年にかけてフェデレーションカップ日本代表監督を務める。晩年は「テニスクラシック」編集長、日本女子テニス連盟会長、日本テニス協会委員を務める一方、「グランドスラム基金」などを設立する。

2008年6月1日、癌のため86歳で死去した[1]

1955年全米選手権の男子ダブルスで優勝した宮城淳は実弟である。

参考文献[編集]

  • 日本テニス協会発行『テニス・プレーヤーズ・ガイド』 2006年版(191ページより、4大大会成績表を参照)

外部リンク[編集]