宮城嗣吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮城 嗣吉(みやぎ しきち、1912年明治45年)3月4日 - 2001年平成13年)6月3日[1])は、琉球政府および沖縄県空手家実業家である。

戦前は実践空手家。映画ベスト・キッドに登場するミヤギのモデルとなった。元沖映社長。妹は比嘉千代、最後の琉球検事長「比嘉良仁」の妻である。

経歴[編集]

1912年、沖縄県首里市に生まれる。第一尚氏王朝末裔、孫氏宮城家出身。  首里出身で、三男であったため、戦前はすやーさぶろーと呼ばれていた[2]

1952年に那覇市牧志に映画館「沖映本館」を開き、映画の興行・配給事業を手がける[1]。のちには「沖映劇場」で沖縄芝居の興行をおこなった[1]

参考文献[編集]

船越義彰『スヤーサブロー 宮城嗣吉物語』沖縄タイムス、1991年

脚注[編集]

  1. ^ a b c 宮城嗣吉(みやぎ・しきち) - 沖縄コンパクト事典(琉球新報
  2. ^ 『スヤーサブロー 宮城嗣吉物語』[要ページ番号]

関連項目[編集]