宮坂博敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮坂博敏
みやさか ひろとし
生年月日 1928年2月14日
出生地 日本の旗 日本 長野県埴科郡杭瀬下村
(現長野県千曲市)
没年月日 (2018-03-04) 2018年3月4日(90歳没)
出身校 旧制山梨高等工業学校卒業
(現山梨大学工学部)
前職 更埴市助役

当選回数 1回
在任期間 2003年10月5日 - 2007年10月4日

当選回数 4回
在任期間 1989年2月26日 - 2003年8月31日
テンプレートを表示

宮坂 博敏(みやさか ひろとし、1928年2月14日 - 2018年3月4日[1])は、日本の政治家。長野県千曲市長。

来歴[編集]

長野県埴科郡杭瀬下村(現千曲市)生まれ。旧制山梨高等工業学校卒業。旧更埴市助役を経て、平成元年(1989年)更埴市長選挙に当選した。平成の大合併では、周辺2町との新設合併を推進し、平成15年(2003年)、千曲市の初代市長となった[2]


※当日有権者数:51641人 最終投票率:69.56%(前回比:-pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
宮坂博敏-無所属19595票54.93%-
滝沢弘-無所属16076票45.07%-

脚注[編集]

  1. ^ 「市報千曲」No.175 2018年4月号 p.17
  2. ^ 平成 15 年 10 月 5 日執行 千曲市長選挙”. 千曲市. 2021年5月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。