宮地克実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
宮地 克実 Rugby union pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1941-03-10) 1941年3月10日(77歳)
出身地 日本の旗 大阪府
大学 同志社大学
選手情報
ポジション プロップ
アマチュア
チーム
四條畷高校
同志社大学
クラブ
チーム 出場 得点
三洋電機
国代表
チーム 出場 得点
 日本 1
更新日 2015年9月
コーチ歴
■テンプレート

宮地 克実(みやじ かつみ、1941年3月10日 - )は、日本の元ラグビー選手及び指導者。

プロフィール[編集]

来歴[編集]

大阪府立四條畷高等学校を経て、同志社大学へと進む。同大学在籍時代には坂田好弘らとともに第2回日本協会招待NHK杯近鉄を下し、事実上のラグビー日本一を経験。その後、東京三洋に就職。また、日本代表選手の経験もあり、1969年アジア選手権に出場し、キャップ1を獲得している。

現役引退後は1978年1984年と2度日本代表監督を歴任。そして恩師でもある前任者の岡仁詩の突然の辞任により、第1回のラグビーワールドカップが開催される1987年に3度目の代表監督復帰を果たし、同大会の指揮を執った。

その後、三洋電機の監督に就任。同職時代には当時日本一連覇中の神戸製鋼との名勝負を毎年繰り広げた。しかし、三洋電機(現 パナソニック ワイルドナイツ)では選手、監督時代を通じて、ついに一度も日本一も、全国社会人大会の優勝も果たすことができなかったことから、「悲劇の名将」と謳われた。

造園業を営んでいる。また、ワイルドナイツの練習グラウンドの整備も手がけている。

テレビドラマ『スクール☆ウォーズ』の原作者、馬場信浩大阪府立四條畷高等学校時代の一年後輩であり、同作品の執筆にラグビー関連資料を多数提供している。

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宮地元監督「ホンマ長かったなあ」 - スポニチアネックス2008年3月17日付記事

参考文献[編集]