宮口しづえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮口 しづえ(みやぐち しずえ、1904年9月2日 - 1994年7月5日)は、日本の児童文学作家。

経歴[編集]

長野県小諸市生まれ。松本女子師範学校卒業。長野県木曽・馬籠で小学校教師をする。戦後は島崎藤村全集の編纂を行う。1957年に信州児童文学会の前身である「とうげの旗の会」に入会。同人誌「とうげの旗」に作品を発表する傍ら、同会の整備と拡大に尽力し、1971年には発展組織である信州児童文学会の会長に就任、同年、少年少女向け雑誌である文学誌「とうげの旗」を創刊した。

1957年に『ミノスケのスキー帽』で児童文学者協会新人賞、1958年『ゲンと不動明王』で未明文学賞、1974年『箱火ばちのおじいさん』で野間児童文芸推奨作品賞、1980年『宮口しづえ童話全集』全八巻で赤い鳥文学賞受賞。

著書[編集]

  • ミノスケのスキー帽 筑摩書房 1957
  • ゲンと不動明王 筑摩書房 1958
  • 山の終バス 筑摩書房 1960
  • ゲンとイズミ 筑摩書房 1964
  • たろなにみてるの 小峰書店 1966
  • おばあさんとくろうし 鈴木学術財団 1967 (ジャータカえほん)
  • 宮口しづえ児童文学集 全5巻 小峰書店 1969
  • 箱火ばちのおじいさん 筑摩書房 1974
  • キタじいと木曽馬 ポプラ社 1975
  • 胸にともる灯 筑摩書房 1975
  • 木曽の街道端から 筑摩書房 1977.1
  • 宮口しづえ童話全集 全8巻 筑摩書房 1979
  • 宮口しづえ童話名作集 一草舎出版 2009.6

関連項目[編集]