宮原徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮原 徹(みやはら とおる、1972年[1]-)は日本の情報技術者、経営者。神奈川県出身[1]。コンピュータにおけるオープンソースソフトウェアや仮想化技術を中心とした著作活動や講演活動などを行っている。株式会社びぎねっと、日本仮想化技術株式会社の代表取締役。

オープンソース関連のコミュニティの設立などにも携わる[2]オープンソースソフトウェアを主な対象としたコミュニティベースのイベントである「オープンソースカンファレンス」を主導[3]。「オープンソースカンファレンス」による功績が評価され、2008年に独立行政法人情報処理推進機構(IPA)・日本OSS推進フォーラムより「日本OSS貢献者賞」が与えられている[3]

人物[編集]

オープンソース関連のコミュニティの設立やコミュニティの情報発信の場の構築などの活動を行っている[2]。宮原は自身のことを「もともと、自分はあまり1つのコミュニティにどっぷり漬かるタイプではない」と分析している[2]

また、日本オラクル時代にはLinuxOracleの公開に携わるなど、2000年以前からオープンソースとビジネスに関連した活動を行っている[2]。コミュニティ活動とビジネスは密接になった方が良いと考えており、オープンソースカンファレンスはその場としても機能したと述べている[2]

経歴[編集]

びぎねっと設立まで[編集]

1994年に日本オラクルへ入社、マーケティング部に所属し、Linux版Oracleの公開などに携わる[2]。また、1999年の日本Sambaユーザー会、2000年には日本PHPユーザ会の立ち上げなどにも関わる[2]。また、Linuxをビジネスで活用する人々の集まりであるProject BLUE(Business Linux User Enkai)にも参加。

びぎねっと設立とOSCの企画[編集]

2001年のびぎねっと設立と同時に日本各地で自らが情報発進を行っていた[2]。しかし、情報発進や交流の場を様々なコミュニティが求めていることを知った宮原は、各コミュニティが発表できる場を作ることを考え、2004年9月に第1回目のオープンソースカンファレンスを開催した[2]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

連載[編集]

  • 宮原徹のオープンソース放浪記(技術評論社『Software Design』、2016年3月号から)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 代表者略歴”. びぎねっと. 2017年4月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 金武明日香(@IT自分戦略研究所) (2010年10月1日). “第5回 宮原徹氏、語る。「オープンソースカンファレンスがなくても、コミュニティが情報発信する世界が理想」”. @IT自分戦略研究所. ITmedia Inc.. 2017年4月16日閲覧。
  3. ^ a b c 2008年度「日本OSS貢献者賞」”. 日本OSS推進フォーラム. 2017年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]