宮内仁一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
宮内 仁一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県三好郡三好町
(現・東みよし町
生年月日 (1967-06-19) 1967年6月19日(51歳)
身長
体重
181 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1985年 ドラフト4位
初出場 1989年5月23日
最終出場 1993年10月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

宮内 仁一(みやうち まさかず、1967年6月19日 - )は徳島県三好郡東みよし町(旧三好町)出身の元プロ野球選手(阪神タイガース)。 東みよし町立昼間小学校東みよし町立三好中学校徳島県立池田高等学校出身。1993年以降の登録名は宮内 直二(読み方同じ)。

来歴・人物[編集]

池田高では、1985年選抜大会に出場、2回戦の駒大岩見沢戦では2打席連続本塁打を記録した[1] 。チームは準決勝で帝京に1-0で敗れた。同年のドラフト4位で阪神タイガースに入団。1年目の1986年から3年目の1988年まで、3年連続でアメリカへ野球留学に派遣された[2]。1988年は1A・フレズノ・サンズに八木裕と共に野球留学したが、7月10日の試合で、左肘を複雑骨折し途中で帰国[2]1989年に一軍初出場。1991年に自己最多の74試合に出場した。同年10月2日の対大洋戦で野村弘樹佐々木主浩から連続で本塁打を記録した[2]。しかし、翌1992年は一軍出場が無く、1993年に登録名を宮内 直二にするも、ほとんど一軍出場できず、1994年オフに引退した。期待されたが、故障に泣かされた[2]。現在は兵庫県在住。大阪府高槻市で野球塾を運営している[1] 。又バッティングセンター・シャロームでバッティング教室開催

ゴーグル型の眼鏡がトレードマークの選手だった。愛称は「阿波のヘラクレス」。また、ギリシャ神話英雄ヘクトールにちなんだ「ヘクター」とも呼ばれた[2]。2014年9月24日 日本クラウンより 女性歌手、野々村あいと宮内まさかずとしてデュエット曲『ぬくもり』収録曲発売。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1989 阪神 14 9 9 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
1990 18 31 30 4 10 4 0 0 14 6 1 1 0 0 1 0 0 8 2 .333 .355 .467 .822
1991 74 120 105 22 28 1 0 5 44 9 1 2 5 1 9 0 0 31 3 .267 .322 .419 .741
1993 2 1 1 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.000 2.000
通算:4年 108 161 145 29 39 5 0 5 59 15 2 3 5 1 10 0 0 43 5 .269 .314 .407 .721

記録[編集]

背番号[編集]

  • 43 (1986年 - 1994年)

登録名[編集]

  • 宮内 仁一 (みやうち まさかず、1986年 - 1992年)
  • 宮内 直二 (みやうち まさかず、1993年 - 1994年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 伝説のやまびこ打線OBが池田を激励”. デイリースポーツ. 2014年3月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e 内田雅也 (2012年3月27日). “猛虎人国記(23)~徳島県~ 片りん見せた「ヘクター」の連発”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/mouko/kiji/K20120327002919560.html 2013年8月18日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]