宮之原健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮之原 健
埼玉武蔵ヒートベアーズ #3
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県鹿屋市
生年月日 (1993-07-16) 1993年7月16日(25歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 両投左打
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

宮之原 健(みやのはら たける、1993年7月16日 - )は、鹿児島県鹿屋市出身のプロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

鹿児島県鹿屋市出身[1]。小学2年生の時に東京都へ移り住み[1]、小学3年生から世田谷区の「ツインファイターズ」で野球を始める[1]

日本大学第三高等学校では2年秋の明治神宮野球大会からベンチ入りし[1]、副主将も務めたが[2]、右肘の怪我に悩まされ[2]、3年時には全国高等学校野球選手権大会に背番号16で出場し[1]、チームは優勝したものの自身は準決勝で9回に守備に就いたのみだった。高校の同期には阪神タイガース高山俊などがいる[1]

高校卒業後は現・北海道日本ハムファイターズ監督の栗山英樹に憧れ、栗山の出身校である東京学芸大学に進学[1]。大学では教員になることを目指していたが[1]、4年時に行った母校・日大三高の教育実習を機にプロ野球選手を志すようになる[1]。同年秋の東京新大学リーグでは打点王と盗塁王に輝いた[1][2]

2015年11月15日16日JR東日本野球部柏野球場で行われたベースボール・チャレンジ・リーグの合同トライアウトを受験。この時の様子はフジテレビ系列のスポーツニュース番組すぽると!で特集された。同月28日に行われたベースボール・チャレンジ・リーグのドラフト会議において、福島ホープスから2位指名を受け[3]2016年1月15日に入団会見を行った[4]

2017年シーズン終了後に福島を自由契約で退団[5]。12月7日に同じリーグの武蔵ヒートベアーズ(2018年10月より埼玉武蔵ヒートベアーズ)への入団が発表された[6]

選手としての特徴[編集]

非常にまれな両投げ野手である[2]。元々は右投げであったが、高校時代に右肘を故障した際に左投げに挑んだためである[2]

50m走は5秒8の俊足で遠投102mの強肩も武器である[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]









































O
P
S
2016 福島 49 107 19 26 4 3 0 9 21 3 3 4 0 7 4 .243 .283 .336 .620
2017 43 41 15 10 2 0 0 4 12 1 0 5 0 1 0 .244 .262 .293 .555
2018 武蔵 65 176 32 57 12 3 5 21 24 7 6 5 1 9 0 .324 .368 .511 .880
通算:3年 157 324 66 93 18 6 5 34 57 11 9 14 1 17 4 .287 .328 .426 .753

背番号[編集]

  • 24 (2016年 - 2017年)
  • 3 (2018年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]