宮下志朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

宮下 志朗(みやした しろう、1947年8月20日 - )は、日本フランス文学者東京大学名誉教授

来歴・人物[編集]

東京都生まれ。東京都立戸山高等学校卒、1973年東大文学部仏文科卒、1976年同大学院修士課程修了。岡山大学助手/専任講師、中央大学助教授、東京都立大学助教授/教授を経て東京大学教養学部教授。2010年9月に東京大学を定年退職。放送大学教養学部教授を歴任。

1990年『本の都市リヨン』で大佛次郎賞受賞。

ラブレーモンテーニュエセー」の全訳から、ゾラバルザック、都市論まで、幅広いフランスの文学と文化の著述活動を行っている。

東京大学教養学部1、2年生が使うフランス語の教科書『Promenades―En France et ailleurs』の編集代表。

2012年に『ガルガンチュアとパンタグリュエル』(全5巻 ちくま文庫)を完結させ、2013年度の第64回読売文学賞(研究・翻訳部門)を受賞した。

息子はトルコ語学者の宮下遼

著書[編集]

共著・編著[編集]

  • 『書物の言語態』丹治愛共編 東京大学出版会 2001
  • 『いま、なぜゾラか』小倉孝誠共編 藤原書店 2002
  • 『ゾラの可能性』小倉孝誠共編 藤原書店 2005
  • 『改訂版 地域文化研究Ⅲ-ヨーロッパの歴史と文化』草光俊雄共編 放送大学教育振興会 2007
  • 『文学のエコロジー』編 放送大学教育振興会 2013
  • 『フランス語入門2 ’12』中井珠子共編著 放送大学教育振興会 2012
  • 『文学のエコロジー』編著 放送大学教育振興会 2013
  • 『中世・ルネサンス文学 人文学プログラム』井口篤共編著 放送大学教育振興会 2014
  • 『ヨーロッパ文学の読み方-古典篇』井口篤共編著 放送大学教育振興会 2014
  • 『世界文学への招待』小野正嗣共編著 放送大学教育振興会 2016

翻訳[編集]

  • ジャン=ルイ・コモリ、フィリップ・カルル『ジャズ・フリー』藤井寛共訳 晶文社 1979
  • マドレーヌ・ラザール『ラブレーとルネサンス』篠田勝英共訳 白水社・文庫クセジュ 1981
  • ロードニエールほか『フロリダへの航海』高橋由美子共訳 岩波書店大航海時代叢書」 1987
  • ナタリー・ゼーモン・デーヴィス『古文書の中のフィクション』成瀬駒男共訳 平凡社選書 1990
  • ロジェ・シャルチェ『読書と読者』長谷川輝夫共訳 みすず書房 1994
  • ジャン=フィリップ・アントワーヌ『小鳥の肉体 画家ウッチェルロの架空の伝記』白水社 1995
  • ジャン=ジル・モンフロワ『消えた印刷職人 活字文化の揺籃期を生きた男の生涯』晶文社 1995
  • バルザック『金融小説名篇集』吉田典子共訳 藤原書店〈バルザック「人間喜劇」セレクション〉 1999
  • ロジェ・グルニエ『ユリシーズの涙』みすず書房 2000
  • ジョルジュ・ディディ=ユベルマン『ヴィーナスを開く』森元庸介共訳 白水社 2002
  • ダニエル・アラス『なにも見ていない 名画をめぐる六つの冒険』白水社 2002
  • モンテーニュ『エセー 抄』みすず書房〈大人の本棚〉 2003、新装版2017
  • エミール・ゾラ『初期名作集』藤原書店〈ゾラ・セレクション〉 2004
  • ミシェル・トゥルニエ『イデーの鏡』白水社 2004
  • ミシェル・ド・モンテーニュエセー白水社(全7巻) 2005-2016
  • フランソワ・ラブレー『ガルガンチュア』ちくま文庫 2005
    同 第三の書、2007 第四の書、2009 第五の書、2012
  • オルハン・パムク『白い城』宮下遼共訳 藤原書店 2009
  • バルザック『グランド・ブルテーシュ奇譚』光文社古典新訳文庫 2009 
  • ロジェ・グルニエ『写真の秘密』みすず書房 2011 
  • ブラム・ストーカー原作 リュック・ルフォール再話『ドラキュラ』舟橋加奈子共訳 小峰書店 2012
  • ニコラ・コンタ『18世紀印刷職人物語』水声社 2013
  • アントワーヌ・コンパニョン『寝るまえ5分のモンテーニュ 「エセー」入門』 山上浩嗣共訳 白水社 2014
  • 『フランス・ルネサンス文学集1 学問と信仰と』 白水社 2015。伊藤進平野隆文共編訳
  • 『フランス・ルネサンス文学集2 笑いと涙と』 白水社 2016。同上
  • 『フランス・ルネサンス文学集3 旅と日常と』 白水社 2017。同上
    各巻・共訳者は、江口修・小島久和・菅波和子・高橋薫・荻野アンナ篠田勝英ほか
  • ジョルジュ・ディディ=ユベルマン『イメージが位置をとるとき 歴史の眼1』、伊藤博明共訳 ありな書房 2016。石井朗企画
  • ロジェ・グルニエ『パリはわが町』みすず書房 2016
  • ロジェ・グルニエ『書物の宮殿』岩波書店 2017

参考[編集]

  • 駒場2001