宮下志朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮下 志朗(みやした しろう、1947年8月20日 - )は、日本フランス文学者東京大学名誉教授、放送大学教授。

来歴・人物[編集]

東京都生まれ。東京都立戸山高等学校卒、1973年東大文学部仏文科卒、1976年同大学院修士課程修了。岡山大学助手/専任講師、中央大学助教授、東京都立大学助教授/教授を経て東京大学教養学部教授。2010年9月に東京大学を定年退職。放送大学教養学部客員教授を経て現職。

1990年『本の都市リヨン』で大佛次郎賞受賞。

ラブレーモンテーニュエセー」の全訳から、ゾラバルザック、都市論まで、幅広いフランスの文学と文化の著述活動を行っている。

東京大学教養学部1、2年生が使うフランス語の教科書『Promenades―En France et ailleurs』の編集代表。

2012年に『ガルガンチュアとパンタグリュエル』(全5巻 ちくま文庫)を完結させ、2013年度の第64回読売文学賞(研究・翻訳部門)を受賞した。

子はトルコ語学者の宮下遼

著書[編集]

共著・編著[編集]

  • 『書物の言語態』丹治愛共編 東京大学出版会 2001
  • 『いま、なぜゾラか』小倉孝誠共編 藤原書店 2002
  • 『ゾラの可能性』小倉孝誠共編 藤原書店 2005
  • 『改訂版 地域文化研究Ⅲ-ヨーロッパの歴史と文化』草光俊雄共編 放送大学教育振興会 2007
  • 『文学のエコロジー』編 放送大学教育振興会 2013
  • 『フランス語入門2 ’12』中井珠子共編著 放送大学教育振興会 2012
  • 『文学のエコロジー』編著 放送大学教育振興会 2013
  • 『中世・ルネサンス文学 人文学プログラム』井口篤共編著 放送大学教育振興会 2014
  • 『ヨーロッパ文学の読み方-古典篇』井口篤共編著 放送大学教育振興会 2014
  • 『世界文学への招待』小野正嗣共編著 放送大学教育振興会 2016

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 駒場2001