宮ケ浜駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宮ヶ浜駅から転送)
移動先: 案内検索
宮ケ浜駅
駅入口
駅入口
みやがはま
Miyagahama
薩摩今和泉 (2.8km)
(2.7km) 二月田
所在地 鹿児島県指宿市西方4672
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 指宿枕崎線
キロ程 40.7km(鹿児島中央起点)
電報略号 ミヤ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
130人/日(降車客含まず)
-2015年-
乗降人員
-統計年度-
266人/日
-2015年-
開業年月日 1934年昭和9年)12月19日
備考 無人駅
テンプレートを表示
ホーム(枕崎方面を見る)

宮ケ浜駅(みやがはまえき)は、鹿児島県指宿市西方にある、九州旅客鉄道(JR九州)指宿枕崎線である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅無人駅となっている。 ホームの中央付近と枕崎側ホーム端にはJR西日本の福知山線脱線事故を受けて、坂之上駅と同様に速度照査ATS用の速度制限標識があり、それぞれ「速度照査 振69」「速度照査 振79」と表示されているが、当線への振込式車両の入線実績や計画は現在のところない。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 指宿枕崎線 上り 鹿児島中央方面
下り 指宿山川枕崎方面
  • のりば表記は駅掲載および公式サイトの駅別時刻表に記述[1]

利用状況[編集]

  • 2015年度の1日平均乗車人員は130人である。
年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
2003 156
2004 151
2005 150 309
2006 140 290
2007 150 306
2008 137 279
2009 130 262
2010 136 274
2011 135 272
2012 126 256
2013 118 239
2014 128 256
2015 130 266

駅周辺[編集]

かつては線路のすぐ脇が護岸であり、海岸線近くに設置されていた。しかし1990年度(平成2年度)に国の海岸環境整備事業の一環として大規模親水リゾートの計画が打ち出された。約3万平方メートルを埋め立てて海水浴場と新しい護岸を建設し、道路を通して、当駅からも歩いていけるように歩道橋を整備する計画であった。これに伴って1992年(平成4年)から埋め立て工事が始まり、駅からは海岸線が遠のいた。バブル崩壊などに伴って計画は遅延し、最終的に海水浴場の計画は中止となって、一部の公園と道路のみが供用されている[2]

  • かんぽの宿 指宿 - 徒歩約10分。
  • 指宿北郵便局
  • 湊川橋(1844年竣工 薩摩藩家老・調所広郷が肥後の石工・岩永三五郎を招聘して造った単アーチ型石橋)
  • 大山甚七商店(焼酎蔵)
  • 中俣合名会社(焼酎蔵)
  • 坂本いもあめ本舗(鹿児島で親しまれている芋飴の中でもよく知られる銘柄)

歴史[編集]

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
指宿枕崎線
普通
薩摩今和泉駅 - 宮ケ浜駅 - 二月田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宮ケ浜駅時刻表(H30.3.17改正)
  2. ^ 「企画[わが町フラッシュ]指宿市・宮ケ浜港一帯の親水リゾート計画大幅縮小/16年目に鹿児島県が方針転換、市「現実的な選択」」南日本新聞2006年9月6日

その他[編集]

  • NHK「六角精児の呑(の)み鉄本線・日本旅「秋・指宿枕崎線を呑(の)む!」では六角が当駅で下車し、駅前の坂本芋飴本舗と大山甚七商店の焼酎工場を訪れている。[1]
  • 長渕剛のゆかりの地であり、線路の海側にはその旨の横断幕が設置されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NHKウエブサイト http://www4.nh.or.jp/nomitetsu/ BSにて2016/11/30放送・地上波にて2018/1/1再放送

関連項目[編集]

外部リンク[編集]