室蘭艦砲射撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
室蘭艦砲射撃
戦争太平洋戦争第二次世界大戦
年月日:1945年7月15日
場所大日本帝国の旗日本 北海道室蘭市
結果:アメリカ軍が作戦目的を達成
交戦勢力
大日本帝国の旗 大日本帝国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
指導者・指揮官
堀毛一麿少将 オスカー・C・バジャー少将
戦力
第5方面軍室蘭防衛隊 戦艦3
軽巡洋艦2
駆逐艦8
損害
軍人・軍属46
民間人439
なし

室蘭艦砲射撃(むろらんかんぽうしゃげき)は、第二次世界大戦(大東亜戦争)末期の1945年7月15日アメリカ海軍艦艇が北海道室蘭市一帯に行った艦砲射撃のこと[1]

1時間に渡る砲撃で860発の砲弾が発射され、その6割以上が市街地に着弾し、御崎町や御前水町、輪西町、中島本町を中心に485人(うち非戦闘員439人)の犠牲者を出した[1]

概要[編集]

室蘭市は周囲に鉄鉱石鉱山炭鉱が存在したほか、良好な港湾を得られたことから第二次世界大戦大東亜戦争)以前から日本製鐵輪西製鉄所日本製鋼所室蘭製作所(当時は高射砲等の兵器を製造)の工場が建ち並ぶ重工業の町であった。戦略上重要な都市であり、戦争末期には攻撃目標となった。

1945年(昭和20年)7月中旬以降、アメリカ海軍の機動部隊は日本本土に対する大規模な攻撃作戦を行った。7月14日北海道空襲があり、室蘭も攻撃目標となった[1]。室蘭沖では第65号海防艦第74号海防艦貨物船の第1雲洋丸が撃沈され、貨物船4隻が損傷した[2]

7月14日から15日の夜、室蘭攻撃のため第38任務部隊から砲撃部隊第34.8.2任務隊が分派された。オスカー・C・バジャー英語版少将が指揮する第34.8.2任務隊は戦艦「アイオワ」、「ミズーリ」、「ウィスコンシン」、軽巡洋艦「アトランタ」、「デイトン」、駆逐艦8隻(または9隻[注 1][4])からなっていた[5][6]。 7月15日、3隻の戦艦は28,000–32,000ヤードの距離から室蘭に対して16インチ砲弾860発を発射した。

当初の攻撃目標である日本製鋼所室蘭製作所(日鋼)は、前もって準備していた油に火を付けて煙幕を張った。上空を飛行していたアメリカ軍の偵察機は、この偽装煙幕を着弾による被害と誤認。戦艦側と交信を行い攻撃目標を日本製鐵輪西製鉄所(日鉄)側へ変更したため、日鉄側はより濃密な砲撃を受けることとなった。日鉄の各工場の屋根や側板を粉砕され、日鉄が用意していた鉄製防空壕にも内部に砲弾の破片が入り込み、跳弾で10数人の従業員が寸断される被害も出た[7]

当時の室蘭市には日本陸軍の室蘭防衛隊が置かれて室蘭臨時要塞を建設中であったが、艦砲射撃を防止することはできなかった。室蘭防衛隊隷下の第8独立警備隊[注 2]は15cmカノン砲などの重砲も有しており、港湾に接近する艦艇への抑止力として期待されていたが艦隊は港口とは向きが異なる南東(登別方面沖)方向からの遠距離射撃を行っており無力であった。

現在、室蘭八幡宮など市内数カ所には慰霊碑が建立されており、艦砲射撃が行われた日には多くの関係者が慰霊に訪れている[1]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 「リーメイ」、「ノーマン・スコット」、「マーズ」、「モンセン」、「マクゴワン」、「マクネィア」、「メルビン」、「カラハン」、「フランク・ノックス」[3]
  2. ^ 陸軍第31警備隊の第32警備大隊主力と、津軽要塞重砲兵連隊の第3中隊より編成された。指揮官は大山柏少佐。
脚注
  1. ^ a b c d “恒久平和願い地道な活動、室蘭空襲・艦砲射撃から72年”. 室蘭民報. (2017年7月15日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2017/201707/170715.htm 
  2. ^ アメリカ海軍第二次世界大戦公式年表
  3. ^ アメリカ海軍機動部隊、87ページ
  4. ^ アメリカ海軍機動部隊、86ページ
  5. ^ Morison (1960), pp. 313–314
  6. ^ Royal Navy (1995), p. 226
  7. ^ 室蘭市における戦災の状況(北海道)1-8.日鉄の鋳造工場の破損状況”. 総務省ホームページ. 2020年1月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • 防衛研修所戦史室 『北東方面陸軍作戦(2)千島・樺太・北海道の防衛』 朝雲新聞社〈戦史叢書〉、1971年。
  • 石井勉『アメリカ海軍機動部隊 英和対訳対日戦闘報告/1945』成山堂書店、1988年、ISBN 4-425-30121-8
  • Morison, Samuel Eliot (1960). Victory in the Pacific. History of United States Naval Operations in World War II. Volume Fourteen. Champaign, Illinois: University of Illinois Press. ISBN 978-0-252-07065-5 
  • Royal Navy (1995). War with Japan: Volume VI The Advance to Japan. London: HMSO. ISBN 978-0-11-772821-9 

関連項目[編集]