室町時代の人物一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

室町時代の人物一覧(むろまちじだいのじんぶついちらん)

朝廷[編集]

天皇・皇族[編集]

公家[編集]

幕府[編集]

室町将軍[編集]

室町将軍家の一族[編集]

鎌倉公方/古河公方[編集]

鎌倉公方/古河公方家の一族[編集]

鎌倉公方の重臣[編集]

一色氏
上杉氏


管領[編集]

斯波氏(武衛家)
畠山氏(河内守護家)
細川氏(京兆家)

四職[編集]

京極氏
山名氏
一色氏
赤松氏

関東管領[編集]

九州探題[編集]

奥州総大将[編集]

奥州管領[編集]

吉良氏
畠山氏
斯波氏
石塔氏

奥州探題[編集]

大崎氏
伊達氏

羽州探題[編集]

最上氏

守護大名[編集]

今川氏
大内氏
武田氏
六角氏
河野氏

宗教・文化人[編集]

その他[編集]

アイヌ
日野家
北畠家
幕府要人
鎌倉府要人
守護代・守護被官人
未分類

戦国大名[編集]

  • 津軽為信 南部氏の混乱に乗じた奥羽の姦雄。
  • 南部晴政 南部氏最盛期を現出。三日月が丸くなるまで南部領といわれた版図。
  • 南部信直
  • 伊達稙宗 伊達氏中興の祖。縁組外交で奥羽の覇者に。
  • 伊達輝宗 伊達政宗の父。
  • 最上義光 奥羽の乱世の梟雄
  • 蘆名盛氏 蘆名氏の最盛期を現出。
  • 佐竹義重 異名「鬼義重」。常陸大名。
  • 里見義堯 北条氏と連戦した房総の大名。
  • 北条早雲 北条氏の開祖にして最初の戦国大名。高級官僚を辞して駿河に下向し伊豆相模を制圧。
  • 北条氏綱 北条氏の二代目。南関東において旧支配勢力と鎬を削り、彼らに大きな打撃を与えた。
  • 北条氏康 北条氏の三代目。公方管領連合軍を粉砕し、関東の王者として君臨した。通称「相模の獅子」
  • 今川氏輝 氏親の長子で、義元の兄。今川家第7代目当主。 
  • 今川義元 駿遠三、三国の太守。桶狭間で討たれる。
  • 武田信虎 残虐な振る舞いが多く、息子に国を追われた。
  • 武田信玄 甲信駿の大名。通称「甲斐の虎」
  • 小笠原長時 信濃守護、信玄に敗れる。
  • 村上義清 信玄を撃ち破った信州の将。
  • 長尾為景 守護の上杉氏を殺害し、越後を掌握。
  • 松平清康 家臣に討たれた。家康の祖父。
  • 織田信秀 清洲三奉行から戦国大名へとのし上がった中興の祖。
  • 斎藤道三 油売り商人から美濃の国主に。
  • 斎藤義龍 父、道三を殺した策略家。
  • 朝倉義景 越前の名家。信長に滅ぼされた。
  • 浅井亮政 郷士から北近江の覇者へ。
  • 浅井長政 盟友信長を裏切り攻撃を仕掛けるが、小谷城で散った。
  • 六角定頼 室町幕府の後見人。六角氏の最盛期を現出。
  • 六角義賢 信長に近江を追われる。
  • 木澤長政 巧みな謀略で大和を手中に。遊佐・三好に討たれる。
  • 三好元長 幼主を補佐するもその幼主の謀略に屈す。
  • 三好長慶 父の無念を晴らし近畿を制覇。
  • 松永久秀 主君殺し・将軍殺し・東大寺大仏殿の戦いを行った。
  • 遊佐長教 河内の戦国大名。三好長慶と提携し天下を左右した。
  • 筒井順昭 北大和の戦国大名。
  • 越智家栄 南大和の戦国大名。
  • 波多野稙通 丹波の豪族。細川高国政権を崩壊に追い込む。
  • 柳本賢治 波多野稙通の盟友。細川高国政権を崩壊に追い込む。
  • 浦上村宗 備前・播磨の戦国大名。
  • 浦上宗景 宇喜多直家に裏切られた。
  • 後藤勝基 宇喜多に敗れる。
  • 宇喜多直家 備前の戦国大名。主、浦上氏を追い落とす。
  • 尼子経久 戦国大名尼子氏の初代。版図を大きく広げた。
  • 尼子晴久 毛利氏の謀略に敗れる。
  • 毛利元就 謀略に長けた安芸の国人領主。中国地方制覇を果たす。
  • 長宗我部元親 弱小豪族から四国の覇者へ。
  • 大内政弘 応仁の乱西軍主力。乱を長期化させ戦国時代の火蓋を切った。
  • 大内義興 足利義稙を奉じて上洛した戦国前期の天下人。日明貿易を独占する。
  • 大内義隆 少弐・安芸武田を討ち、親大内派の大友宗麟を擁立。毛利元就・龍造寺隆信を従え7カ国を支配するも大寧寺の変で自害。
  • 陶隆房 大寧寺の変を起こす。変は各地で守護代と抗争し劣勢の守護大名達を大いに落胆させた。
  • 大友宗麟 キリシタン改宗が混乱を招いた九州最大の戦国大名。
  • 大村純忠 キリシタン大名。長崎をイエズス会に授与した。
  • 蒲池鑑盛 筑後十五城筆頭大名。義将として知られる。
  • 龍造寺隆信 冷酷非道な「肥前の熊」。
  • 相良義陽 敵将となった親友と戦い討ち死にした。
  • 伊東義祐 島津氏と争うが敗北。その後は各地を流浪した。
  • 島津貴久 父、忠良と共に島津家の発展に尽力した。
  • 島津義久 豊臣、徳川から島津家を守りきった。 

関連項目[編集]