室瀬和美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

室瀬 和美(むろせ かずみ、1950年昭和25年)12月26日 - )は、漆芸家。蒔絵重要無形文化財保持者(人間国宝)。東京都出身。父は同じく漆芸家の室瀬春二

年譜[編集]

  • 日本橋三越本店にて第3回個展開催
  • 金刀比羅宮本殿拝殿格天井「桜樹木地蒔絵」制作( - 2004年)
  • 蒔絵螺鈿八稜箱「彩光」が第47回日本伝統工芸展にて東京都知事賞受賞
  • 重要無形文化財「蒔絵」保持者(人間国宝)認定
  • 紫綬褒章受章[1]

著書・出演[編集]

著書[編集]

  • 『漆の文化―受け継がれる日本の美』角川選書

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “紫綬褒章の受章者”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年11月2日). http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008110101000817.html 2013年1月25日閲覧。 

関連項目[編集]