実験落語neo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

実験落語neo(じっけんらくごネオ)は、かつて三遊亭圓丈渋谷ジァン・ジァンで主催し現代的なモチーフや言葉を用いた新作落語を生み出した「実験落語」を、2016年6月にCBGKシブゲキ!!にて復活させたものである[1]

第1弾は、円丈をはじめ、林家しん平ダンカン清水宏と「実験落語」にゆかりのある面々と講談師・神田松之丞が出演した[1]

第五回『実験落語neo~シブヤ炎上まつり~』では、桂雀々が円丈作の『インドの落日』を、玉川太福が『悲しみは埼玉に向けて』のネタおろしを行った。

第六回『実験落語neo~シブヤ炎上2017夏コレクション~』では柳家喬太郎が『残酷なまんじゅうこわい』のネタおろしをした。『十八番の噺』によると

公演[編集]

・第八回『実験落語neo~2017晩秋シブヤ炎上~』(2017年11月24日開催)

出演:三遊亭円丈、林家木久扇三遊亭天どん桂宮治月亭可朝

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

執筆の途中です この「実験落語neo」は、舞台芸術に関連した書きかけ項目ですが、内容が不十分です加筆・訂正必要ですPortal:舞台芸術)。項目削除の対象である場合もあります。