実質金利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

実質金利(じっしつきんり、: real interest rate)とは、名目金利から期待インフレ率(予想される物価上昇率)を差し引いたものである[1]

解説[編集]

金利には名目金利(貨幣で計った金利)と実質金利があり、このことが明確に理解できているか否かで、経済現象の理解に大きな差がでる[2]。名目金利が高いか低いかを判断する場合、物価の変動を考慮しなければならない[2]

フィッシャー方程式[編集]

まず、過去~現在(ex-ante, 事前)に起きた現象は以下の関係性が成立する。

事前的実質金利 = 事前的名目金利 ー 事前的インフレ率

例えば、1年前に、自分が100万円の商品を購入する際の代金は銀行から名目金利5%で借り、その後1年間の物価の変動(インフレ率)が4%だったとする。借金を現在返済すると105万円を支払う必要があるが、100万円だった商品の価値は物価の変動に伴い104万円となっているため、実質的には差し引き1万円つまり1%の支払いですむ。上記の式で言えば 1% = 5% - 4% となる[3]

そして、この関係性を現在~未来(ex-post, 事後)に置き換えると以下の式になる[1][3][4][5]。この学問分野に大きく貢献したのは、アメリカの経済学者であるアーヴィング・フィッシャーであり、この方程式はフィッシャー方程式英語版と呼ばれる[3][6]。期待インフレ率(: expected inflation rate)は予想インフレ率とも和訳される。金利とは未来に支払う利子に対してつくものなので、同じようにインフレ率も未来のインフレ率を使用する必要があり、そのため過去のインフレ率では無く、期待インフレ率を使用する。

実質金利 = 名目金利 ー 期待インフレ率

期待インフレ率がプラスであれば実質金利は名目金利より低くなる。逆にデフレ期待が高まる(物価が下落すると予想される=期待インフレ率がマイナスとなる)と、実質金利は高くなる[1]。デフレ下においては、通常中央銀行による金融緩和が行われて、政策金利が引き下げられるが、もし名目金利を0%以下に下げることが出来ないならば(マイナス金利が不可能であるならば)、実質金利は高い状態にあるため、借金ができず消費や投資が停滞してしまう現象が見られる(いわゆる流動性の罠)。

実質金利を下げるには、下記2つの片方もしくは両方を行う必要がある。

  1. 名目金利を下げる
  2. 期待インフレ率を上げる

もし名目金利が現在0%にあり、名目金利を0%未満に出来ないならば、実質金利を下げるには上記の式に従うならば、インフレ期待を醸成し、期待インフレ率を上げる必要がある。マネタリズムは、名目金利を景気判断の材料にするより、貨幣供給の増加率を安定的に保持し、予想実質金利の自動調整機能を利用して景気の安定化を図った方が、結果的に景気の変動をならすことができるとしている[7]。通貨量を増やすことによりインフレ率を高められるため、公開市場操作を通じて、資金供給オペレーションを行い、インフレ率をコントロールしようとする。

名目金利を0%未満にしにくいのは、紙幣硬貨の名目金利が0%であり、それらが邪魔をするからである[8]。しかし、現実には、日本を含めいくつかの国で、名目金利を0%未満にするマイナス金利政策が開始された。

人々は利益や費用を名目的な貨幣の価値(名目値)ではなく、貨幣でどれだけモノが買えるかという実質(実質値)で考える[9]。企業は、在庫投資・設備投資を行うかを決める場合、名目金利ではなく、実質金利を参考にする[9]経済学者飯田泰之は「企業(個人も含む)は実質金利という言葉を知らなくても、実質金利を考慮して投資額を決定している」と指摘している[10]

フィッシャー方程式の厳密解[編集]

金利差を取るのは近似であり、厳密には、倍率 = 1 + 変化率 とした時に、以下の関係性が成立している。

実質金利の倍率 = 名目金利の倍率 ÷ 期待インフレ率の倍率

冒頭の例も、105万円の返済は、1年前の価値に直すには 1.04 で割り、105万円 ÷ 1.04 = 100.96万円であり、つまり、本当の実質金利は0.96%である。

上記の式は、倍率 = 1 + 変化率 より、以下のように変形できる。

1 + 名目金利 = (1 + 実質金利) × (1 + 期待インフレ率)

そして、実質金利も期待インフレ率も 0 に近ければ、実質金利 × 期待インフレ率が 0 と近似できることより、式を展開して、実質金利 = 名目金利 ー 期待インフレ率 と近似できる。金利の引き算にした方が扱いやすいので、この近似が使われている。厳密解のまま引き算にしたい場合は、両辺の対数を取り、倍率の対数で扱えば割り算を引き算に変換できる。これらの導出方法の詳細は en:Fisher equation を参照。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 中谷巌 『痛快!経済学』 集英社〈集英社文庫〉、2002年、100頁。
  2. ^ a b 中谷巌 『痛快!経済学』 集英社〈集英社文庫〉、2002年、99頁。
  3. ^ a b c 野口旭 『「経済のしくみ」がすんなりわかる講座』 ナツメ社、2003年、144頁。
  4. ^ ようやく世界標準の政策を採った日本銀行 量的緩和は物価・景気にこうやって効くダイヤモンド・オンライン 2010年11月11日
  5. ^ 高橋洋一「ニュースの深層」 純白の政策委員会が真っ黒に!? 黒田日銀の「オセロゲーム」に見る専門家とサラリーマンの違い現代ビジネス 2013年4月8日
  6. ^ フィッシャー方程式で算出された期待インフレ率が引き上げられた分だけ名目金利が上がることをフィッシャー効果と呼ぶ。
  7. ^ 岩田規久男 『マクロ経済学を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1996年、171頁。
  8. ^ ポール・クルーグマン『クルーグマン マクロ経済学』、2019年、638頁。ISBN 978-4492314906
  9. ^ a b 岩田規久男 『マクロ経済学を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1996年、107頁。
  10. ^ 飯田泰之 『世界一シンプルな経済入門 経済は損得で理解しろ! 日頃の疑問からデフレまで』 エンターブレイン、2010年、205頁。

関連項目[編集]