実尾島事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
実尾島事件
各種表記
ハングル 실미도 사건
漢字 實尾島事件
発音 シルミド サゴン
テンプレートを表示

実尾島事件(シルミドじけん、韓国語실미도 사건)は、1971年8月23日韓国において発生した反乱事件である。北朝鮮への派遣のために編成された特殊部隊の兵士らが処遇への不満から反乱を起こし、最終的には韓国軍及び警察によって鎮圧された。

事件の経緯[編集]

部隊創設[編集]

1968年1月21日に発生した青瓦台襲撃未遂事件では、北朝鮮が派遣した朝鮮人民軍第124部隊の31名が38度線を越えて韓国首都ソウル市内に侵入し、大統領官邸青瓦台の襲撃を試みて失敗した。工作員のうちただ一人捕虜となった金新朝少尉は襲撃の目標が韓国大統領朴正煕暗殺にあったことを供述し、朴は激怒して事件への報復措置を取ることを決心した。

朴政権は事件の報復として直接的な軍事侵攻を検討した。しかし、直後の1月23日に起こったプエブロ号事件によって、アメリカリンドン・B・ジョンソン大統領朝鮮半島有事を回避することの選択を迫られた。当時ベトナム戦争を遂行していたジョンソン政権には朝鮮で新たな戦端を開く余力はなかったためである。アメリカの援助が得られなくなり、朴政権も北進を断念せざるを得なかった。

それでも朴政権は、自らもゲリラを使って北朝鮮主席宮爆破と金日成を暗殺する計画を秘密裏に進め、1968年4月に専属の特殊部隊である空軍2325戦隊209派遣隊を創設した。隊は編成年月の「68年4月」からとって「684部隊」というコードネームで呼ばれた。北と同じ31名の隊員からなる部隊は、仁川近くの実尾島で過酷な訓練を重ね、北への侵入・金日成殺害の命令が下る日を待った。

南北融和と待遇悪化[編集]

ジョンソンに代わってアメリカ大統領になったリチャード・ニクソンは、デタントの一環として1970年7月に在韓米軍の削減を発表した。すると、1971年4月に北朝鮮が統一会談を提案し、9月に南北赤十字が予備会談を開始、1972年7月には南北共同声明が発表され、8月に赤十字本会談開始と、立て続けに南北融和政策が行われる中で、1971年に計画は撤回、部隊は存在しない事にされた。しかし機密保持のため隊員が島を出ることは認められず、目的を見失った訓練が中止されることもなかったため、事実上幽閉されたような状態に置かれた隊員らの不満は増大していった。

反乱[編集]

1971年8月23日、684部隊の24名(7名は訓練期間の間にすでに死亡していた)の隊員は反乱を起こし、教育隊員を殺傷した。実尾島を脱出して仁川に上陸した隊員は、バスを乗っ取って大統領への直訴(劣悪な待遇の改善など)のために青瓦台へ向かった。

彼らは途上で警察と交戦しつつ、ソウル市内に入って2台目のバスに乗り換えた。しかし、永登浦区(現銅雀区)大方洞の製薬会社柳韓洋行ko:유한양행)社屋近くの路上において銃撃戦となり、最期は手榴弾で自爆した。これにより反乱した隊員のうち20名が死亡し、生き残った4名も軍法会議死刑判決を受け、1972年に刑が執行された。

見直し[編集]

この事件はその後韓国の軍事政権朴正煕全斗煥盧泰愚)下では長く隠蔽されてきたが、民主化後の政権で資料が明らかになり、2003年に『シルミド』として映画化された。しかし、映画の中の脚色、特に684部隊の隊員が死刑囚無期懲役囚などの犯罪者上がりとして描かれている事などについて、隊員の遺族が「名誉を傷つけるもの」として上映の差し止めを求めるなどの問題も起こった(実際は高額の特別報酬を提示しての募集に応じた一般市民がほとんどだったという)。

映画化により社会的に事件の全容解明を求める声が高まり、韓国当局が調査に乗り出している。2005年には684部隊隊員の遺族に対し、国防部が34年ぶりに死亡通知書を正式交付した。

実尾島事件を基にした作品[編集]

  • 映画
  • 書籍
    • 白東虎 『シルミド』 鄭銀淑 訳、幻冬舎、2004年 ISBN 4-344-00616-X
    • 城内康伸 『シルミド「実尾島事件」の真実』 宝島社、2004年 ISBN 4796640738
    • ファン・サンギュ 『実尾島(シルミド)-生存者キム・バンイル元小隊長の証言-』 ソフトバンク・パブリッシング、2004年 ISBN 4-7973-2758-8

関連項目[編集]