実吉純郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
実吉純郎

実吉 純郎(實吉、さねよし すみお、1879年明治12年)6月9日[1] - 1948年昭和23年)11月8日[1][2])は、明治から昭和期の医学者政治家華族貴族院子爵議員医学博士[2]

経歴[編集]

海軍軍医実吉安純の長男として生まれる[1][3]。父の死去に伴い、1932年4月15日、子爵を襲爵した[1][3][4]

1907年[注 1]7月、東京帝国大学医科大学を卒業[3][5]1910年ドイツ帝国に留学した[2][3]

1907年、東京帝国大学医科大学副手となる[2]。以後、同助手、私立高輪病院長、東京慈恵会医科大学教授、同会医院次長、同内科部長、鉄道嘱託医、医薬制度調査会委員などを務めた[2][3]

1933年6月、貴族院子爵議員補欠選挙で当選し[6]研究会に所属し、1947年5月2日の貴族院廃止まで二期在任した[2]

栄典[編集]

親族[編集]

  • 妻:あや(稲垣徹之進長女)[1]
  • 長男:純一(工学者)[1]
  • 二女:てる(平賀謙一夫人)[1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』44頁では明治39年(1906年)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『平成新修旧華族家系大成』上巻、686-687頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』44頁。
  3. ^ a b c d e 『人事興信録』第14版 上、サ137頁。
  4. ^ 『官報』第1587号、昭和7年4月16日。
  5. ^ 『東京帝国大学一覧 明治40-41年』東京帝国大学、1907年、学士及卒業生姓名153頁。
  6. ^ 『官報』第1944号、昭和8年6月26日。
  7. ^ 『官報』第5159号「叙任及辞令」1900年9月11日。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。


日本の爵位
先代:
実吉安純
子爵
実吉(安純)家第2代
1932年 - 1947年
次代:
華族制度廃止