宝珠山昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

宝珠山 昇(ほうしゅやま のぼる、1937年 - )は、日本の防衛官僚

来歴[編集]

大分県生まれ。民間会社に勤務しながら夜間高校の商業課程を卒業。その後早稲田大学政治経済学部経済学科入学。1963年に同校を卒業後に新制防衛庁では私大出身者として初の入庁。経済企画庁大蔵省等への出向、防衛庁防衛参事官官房長等を経て、1994年防衛施設庁長官に就任。1995年、同庁を退官。

社団法人日米平和・文化交流協会理事、防衛法学会顧問、社団法人中央政策研究所理事、財団法人平和・安全保障研究所常務理事、財団法人防衛調達基盤整備協会相談役、財団法人防衛装備協会理事長、社団法人郷友連盟副会長、財団法人国策研究会理事、財団法人アジア生命保険振興センター評議員等を歴任。

エピソード[編集]

外部リンク[編集]


先代:
米山市郎
防衛施設庁長官
第23代:1994年 - 1995年
次代:
諸冨増夫