宝泉寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宝泉寺駅
ほうせんじ
Hōsenji
町田 (2.6km)
(7.5km) 麻生釣
所在地 大分県玖珠郡九重町大字菅原
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 宮原線
キロ程 7.3km(恵良起点)
電報略号 ホン
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1937年(昭和12年)6月27日
廃止年月日 1984年(昭和59年)12月1日
テンプレートを表示

宝泉寺駅(ほうせんじえき)は、かつて大分県玖珠郡九重町大字菅原に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)宮原線廃駅)である。宮原線の廃止に伴い、1984年(昭和59年)12月1日に廃駅となった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時点で、島式ホーム1面2線を有する有人駅(旅客駅)であった。地上より高い場所にあり、駅舎よりトンネルを潜り階段を上ったところにホームがあった。現在もトンネル・階段が残っている。豊後森駅から当駅の間で区間列車も設定されていた。

駅周辺[編集]

遺構[編集]

廃線後に駅舎は撤去され、跡地には九重町によって1986年(昭和61年)に鉄道記念館が建てられて、鉄道の模型地図などを展示し、観光案内所として利用されていた。その後、戦争資料館、竹工芸展示、昆虫館等に使用されたが、2004年(平成16年)に閉館。閉館後はバス停留所の宝泉寺交通センターとして利用されるのみで、本格的には活用されない状況が続いた[1][2]

2017年(平成29年)7月22日に、宝泉寺交通センターを改装して観光物産館「宝泉寺駅」がオープンした。木造2階建て、延面積約300m2。1階では地元の農産物や商品等が販売される。また、2階では旧宮原線に関する鉄道資料の展示が行われ、食事スペースも設けられている[1][2]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
宮原線
町田駅 - 宝泉寺駅 - 麻生釣駅

脚注[編集]

関連項目[編集]