宝永町停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宝永町駅から転送)
移動先: 案内検索
宝永町停留場*
はりまや橋方面ホーム
はりまや橋方面ホーム
ほうえいちょう
Hoeicho
(0.4km) 菜園場町
所在地 高知県高知市中宝永町
所属事業者 とさでん交通
所属路線 後免線
キロ程 9.9km(後免町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1908年(明治41年)10月31日
備考 * 1938年に下知停留場から改称
テンプレートを表示

宝永町停留場(ほうえいちょうていりゅうじょう)は、高知県高知市中宝永町にあるとさでん交通後免線路面電車停留場

歴史[編集]

当停留場は1908年(明治41年)、下知停留場(しもぢていりゅうじょう)の名で開業した[1][2]伊野線堀詰停留場からはりまや橋を経て後免線の路線が開通した際に開かれた停留場であり、当時の路線は当停留場まで[1]後免町方面に路線が通じたのは翌1909年のことで、この時は葛島橋西詰までが開通した[1]

停留場名が宝永町に改められたのは1938年(昭和13年)[1][2]。その後1943年(昭和18年)に停留場はいったん休止されるも、9年後に復活している[2]

構造[編集]

宝永町停留場は後免線の併用軌道区間にあり、道路上にホームが置かれる。ホームは2面あり、東西方向に伸びる2本の線路を挟み込むように配置されるが、互いのホーム位置は東西方向に離れている[4]。東にあるのが後免町方面行きのホーム、西にあるのがはりまや橋方面行きのホーム[4]

かつては停留場の南側付近に下知車庫が置かれていたが、1957年(昭和32年)に廃止され、代わって知寄町車庫が完成している[5]

周辺[編集]

「宝永町」の名は1707年(宝永4年)の宝永地震を機に造成された「宝永堤」に由来する[6]

路線バス[編集]

「宝永町」バス停留所があり、以下の路線が乗り入れる。

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
    高専前農学部前 高知龍馬空港 とさでん交通
  農学部前 高知龍馬空港 高知駅前観光
L1 西高須通、JA高知病院後免町 安芸駅 とさでん交通
K2 介良通、潮見台ターミナル 潮見台三丁目 土休日運休
K3 西高須通 潮見台ターミナル
K4 西高須通、潮見台ターミナル 潮見台三丁目
K5 西高須通、潮見台ターミナル、後免駅 高知工科大学
K6 西高須通、潮見台ターミナル、後免駅前、高知工科大学 龍河洞
J1 県立美術館通高知医療センター 望海ケ丘
J2 県立美術館通、高知医療センター 十津団地
M1 護国神社前、十津、高知医療センター 後免町
H1 県立美術館前)、大津団地 医大病院
N1 護国神社前、緑ヶ丘二丁目 前浜車庫
P1 中央市場前、十津 十津団地
P2 中央市場前、十津 種崎
  T1 はりまや橋 桟橋車庫
Y1 はりまや橋、県庁前 学芸高校 休日運休
C1 はりまや橋 県庁前
D1 はりまや橋、愛宕町二丁目 イオンモール高知
D6 はりまや橋、愛宕町二丁目 観月坂中央
D7 はりまや橋、愛宕町二丁目 鳥越
G1 はりまや橋 高知駅バスターミナル
N1   はりまや橋

隣の停留場[編集]

とさでん交通
後免線
知寄町一丁目停留場 - 宝永町停留場 - 菜園場町停留場
  • 隣の知寄町一丁目停留場との間には知寄町車庫前停留場が、菜園場町停留場との間には城見町停留場が存在した[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『土佐電鉄が走る街 今昔』100・156-158頁
  2. ^ a b c d e f g h i 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、60頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  3. ^ 上野宏人 (2014年10月2日). “とさでん交通:「再出発」 「便利な市民の足に」高知で設立式 新デザインの車両披露”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  4. ^ a b 川島令三 『四国・九州ライン 全線・全駅・全配線』第2巻 四国西部エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2013年、39・92頁。ISBN 978-4-06-295161-6
  5. ^ 『土佐電鉄が走る街 今昔』76-77頁
  6. ^ 『土佐電鉄が走る街 今昔』72頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]