宜野湾バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国道58号標識

宜野湾バイパス(ぎのわんバイパス)とは、沖縄県宜野湾市伊佐と浦添市牧港を結ぶ全長4.5kmの国道58号バイパスである。区間内には沖縄コンベンションセンターが隣接している。2000年3月27日に全線開通した。宜野湾バイパス全線開通後も並行する従来の区間も重要区間の為、本線が移行される予定はない。

宜野湾市宇地泊と大山の区間内には側道が設置されておりバス停も側道にあるため、路線バスは本線から一旦本線を離脱する。ちなみに側道は宜野湾市道である。しかし、真志喜から宇地泊の区間にある側道はなぜか出入口部分が封鎖されており通行不可。また将来的には側道は撤去され、車線を増やす予定である。

読谷道路嘉手納バイパス浦添北道路那覇西道路豊見城道路糸満道路とともに、地域高規格道路沖縄西海岸道路の一部を構成し、市境付近で浦添北道路へ分岐する計画である。

概要[編集]

  • 起点 宜野湾市伊佐(国道58号)
  • 終点 浦添市牧港(国道58号牧港高架橋下・沖縄県道153号線バイパス)
  • 全長 約4.5km
  • 規格 第4種第1級
  • 設計速度 60km/h(標識における最高速度は50km/h)
  • 車線数 6車線(現在は4車線。側道は除く)

沿革[編集]

  • 1985年 事業化
  • 1986年 着工
  • 1987年9月 宜野湾市伊佐・真志喜間の2.6kmが暫定2車線で部分開通(後に現在の4車線となる)
  • 1994年12月 宜野湾市伊佐の起点部の400mが部分開通
  • 2000年3月 残る浦添市牧港・宜野湾市真志喜間が開通し全線開通となる(一部暫定4車線

主要施設[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]