定塚由美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

定塚 由美子(じょうづか ゆみこ、1962年3月19日 - )は、日本の労働厚生労働官僚

夫は裁判官定塚誠東京高等裁判所部総括判事。埼玉県出身[1]。2人の子供がいる。

人物[編集]

1984年東京大学法学部を卒業後、労働省に入省。内閣府男女共同参画局参事官、同局推進課長、厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課長など、女性の社会進出に関わる部署を歴任した。 2014年 - 内閣官房内閣人事局内閣審議官。2018年加藤勝信厚生労働大臣の下、厚生労働省の組織管理、内部部局の調整などを行う筆頭部局である厚生労働省大臣官房長に女性初の就任。

2019年、毎月勤労統計不適切統計問題では、官房長として対応を行ったが、国会での不正確な答弁などが問題となり、官房長の格下ポストとされる人材開発統括官に異動となり、事実上更迭された[2]

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “厚労省官房長に樽見氏”. 日本経済新聞. (2016年6月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF14H05_U6A610C1EAF000/ 2019年3月16日閲覧。 
  2. ^ 厚労省初の女性官房長、事実上の更迭 統計不正問題” (日本語). 朝日新聞. 2021年4月25日閲覧。
  3. ^ 女性国家公務員からのメッセージ”. www.cas.go.jp. 2019年3月8日閲覧。
  4. ^ 厚労省:次官に鈴木俊彦氏昇格 官房長には定塚由美子氏” (日本語). 毎日新聞. 2019年3月8日閲覧。
先代:
吉本明子
厚生労働省人材開発統括官
2019年 - 2020年
次代:
小林洋司
先代:
樽見英樹
厚生労働省大臣官房長
2018年 - 2019年
次代:
土生栄二
先代:
石井淳子
厚生労働省社会・援護局長
2016年 - 2018年
次代:
谷内繁