宗重望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宗重望

宗 重望(そう しげもち、1867年8月26日(慶応3年7月27日[1])- 1923年大正12年)3月26日[1][2][注 1])は、明治・大正期の政治家華族貴族院伯爵議員。幼名・直丸[1]。号・星石[2]

経歴[編集]

対馬府中藩主・宗義達(重正)の長男として生まれる[1][3][4]。父の死去に伴い、1902年6月7日に伯爵を襲爵した[1][5]

日清戦争時に対馬義勇団を組織[2]1898年宮内省式部職掌典に就任[2][6]。その他、英照皇太后御一周年祭祭官などを務めた[6]

1904年7月、貴族院子爵議員に選出され[7]1907年12月18日に辞職した[6][8]

1923年3月、東京府荏原郡大森町(現大田区)の別邸で死去した[3]

人物[編集]

文人画の知識が豊富で、東京南画会会長などを務めている[2]

親族[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』27頁では3月3日。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『平成新修旧華族家系大成』上巻、792-793頁。
  2. ^ a b c d e 『日本人名大辞典』1057頁。
  3. ^ a b 『大正過去帳』277頁。
  4. ^ 『華族畫報』上、92頁。
  5. ^ 『官報』第5677号、明治35年6月9日。
  6. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』27頁。
  7. ^ 『官報』第6325号、明治37年7月30日。
  8. ^ 『官報』第7345号、明治40年12月20日。

参考文献[編集]

  • 杉謙二編『華族畫報』上、吉川弘文館、2011年(華族画報社大正2年刊の複製)。
  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 『大正過去帳 物故人名辞典』東京美術、1973年。
日本の爵位
先代:
宗義達
伯爵
対馬宗家第2代
1902年 - 1923年
次代:
宗武志