宗方俊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「宗方俊遃」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
むねかた としゆき
宗方 俊遃
生誕1933年3月7日
日本の旗 日本 東京府東京市[注釈 1]
死没 (2018-09-19) 2018年9月19日(85歳没)
国籍日本の旗 日本
職業都立高等学校校長、教頭、教員

宗方 俊遃(むねかた としゆき、1933年3月7日- 2018年9月19日)は、日本教育者。元都立高等学校生物学の教員、教頭、学校長を歴任。

人物[編集]

生い立ち[編集]

1933年(昭和8年)東京府東京市生まれ[注釈 1]東京都立新宿高等学校を経て、東京教育大学理学部植物学科卒業。

教員として[編集]

大学卒業後、東京都教育委員会に高等学校教員として採用される。初赴任は東京都立日本橋高等学校であった。

1965年(昭和40年)戦後初の公立全寮制高校、東京都立秋川高等学校設立時から教諭、教頭、学校長として、また同校の寮、玉成寮において舎監、主任舎監、舎監長として生活指導にも携わり、通算26年同校に勤務した。1993年(平成5年)秋川高校の校長をもって定年退職。

秋川高校在任中、宗方と図書館司書、図書委員が中心となり、多摩の寺院、文化の研究を行い、秋川高校図書館の図書館報増刊として郷土資料を発行した。

定年退職後[編集]

定年後はの巨樹・古木を訪ねる旅を続け、その数は1,200本を超えるという。また、顕微鏡写真も得意とする。趣味は篆刻

2012年(平成24年)教育功労者として、春の叙勲瑞宝小綬章を受章した[1]

来歴[編集]

著書[編集]

教育[編集]

  • 『まだ生きてる本音の教育―全寮制都立秋川高校』山水社、1984年12月1日。ISBN 9784915607059 

自然科学[編集]

  • 『木の芽の冬ごし』岩崎書店〈カラー版自然と科学 1〉、1981年6月30日。ISBN 9784265942015 
  • 『カキの木の一年』岩崎書店〈カラー版自然と科学 28〉、1983年4月10日。ISBN 9784265942282 
  • 『イチョウの木』岩崎書店〈カラー版 自然と科学 55〉、1986年4月10日。ISBN 9784265942558 
  • 『古木の桜はなにを見てきたか―老いてなお華麗に生きるいのちの美を求めて』河出書房新社、2003年3月1日。ISBN 9784309251677 

役職[編集]

元職[編集]

  • 全国高等学校写真連盟理事長
  • 東京都高等学校文化連盟会長
  • 文化庁国民文化祭企画委員
  • 社会福祉法人聖明福祉協会理事[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b c 現在の新宿区が出生地だが、旧淀橋区・旧牛込区・旧四谷区のうちの何処なのかは不詳。

出典[編集]

  1. ^ a b 平成24年春の叙勲(東京都) (PDF)”. 内閣府 (2012年4月29日). 2012年7月13日閲覧。
  2. ^ 社会福祉法人聖明福祉協会NEWS - 社会福祉法人聖明福祉協会公式サイト 2012年02月29日閲覧

参考文献[編集]

  • 『全寮制秋川高校の発足』 東京都立秋川高等学校、1965年10月10日
  • 『全寮制秋川高校の10年 - 創立10周年記念誌』 東京都立秋川高等学校、1975年11月10日
  • 増田信『秋川物語 - 全寮制高校長の手記』 学事出版、1980年3月 ASIN B000J7LUK8
  • 小尾乕雄『師弟同行の全寮制教育 - 全寮制東京都立秋川高等学校 校長宗方俊遃』 財団法人日本教育研究連合会、1989年2月25日
  • 『全寮制秋川高校の25年』 東京都立秋川高等学校、1990年3月。
  • 『秋水長天 - 秋川だより100号合本記念誌』東京都立秋川高等学校、1993年5月15日
  • 大村森美『我等が三歳(みとせ)の夢托す - 都立秋川高21期の息子とオヤジの物語』MBC21、2001年2月 ISBN 4806406759
  • 『全寮制秋川高校の36年 -閉校記念誌-』東京都立秋川高等学校、2001年3月10日
  • 岩崎 充益『都立秋川高校玉成寮のサムライたち』 パピルスあい、2015年1月 ISBN 9784784591206

関連項目[編集]