宗岡村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宗岡村
廃止日 1955年5月3日
廃止理由 新設合併
志木町宗岡村→足立町
現在の自治体 志木市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
北足立郡
団体コード 当時存在せず
総人口 2,762
(国勢調査、1950年10月1日)
隣接自治体 浦和市北足立郡志木町
朝霞町水谷村入間郡南畑村
宗岡村役場
所在地 埼玉県
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

宗岡村(むねおかむら)は、埼玉県入間郡、後に北足立郡に存在した

1955年(昭和30年)5月3日志木町との合併による足立町の成立により消滅。

地理[編集]

  • 埼玉県北足立地域の荒川右岸に位置する。
  • 2006年現在における志木市北東半にあたる。

歴史[編集]

もとは江戸期より存在した宗岡村、古くは戦国期より存在した棟岡であった[1]

村名の起源[編集]

  • 領主
    • 恐らくかつて宗岡氏を称したであろう豪族がこの地に領有していたためにその名が起こったが、宗岡氏と言う豪族に関する資料が無いためこの説は乏しいとされている。
  • 地形
    1. 奥東京湾の終末期に入間川新河岸川柳瀬川の合流地点にあった三角州が丁度人の寝た胸の隆起を思わせてムネオカ→宗岡となったという説。
    2. 昔、秋ヶ瀬{現宗岡原(秋ヶ瀬橋の下辺り)}から精進場(現中宗岡五丁目富士下橋付近)まで土手の様に高かった(自然堤防)形状が丁度家でいう屋根棟と同じ形状だったところから棟岡→宗岡という説。

教育[編集]

小字名[編集]

詳しくは宗岡村の小字名一覧に表示

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』848頁。
  2. ^ a b c 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1421頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]