宍戸隆家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
宍戸 隆家
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正15年[1]1518年
死没 文禄元(1592年)2月5日[1]
改名 元家[1]→隆家[1]
別名 (通称)弥三郎[1]、左衛門尉[1]
戒名 天叟覚隆[1]
墓所 広島県安芸高田市甲田町天叟寺跡[1]
官位 従五位下[1]、安芸守[1]
主君 毛利元就[1]輝元
氏族 宍戸氏
父母 父:宍戸元家[1]、母:山内直通の娘[1]
正室:五龍局毛利元就の娘)[1]
継室:小河内繁継の姉[1]
元秀[1]南の大方毛利輝元室)[1]
娘(吉川元長正室)[1]
娘(河野通宣[1][注釈 1])、娘(小河内繁継娘、粟屋元種室)

宍戸 隆家(ししど たかいえ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将安芸国国人領主・宍戸氏の当主。安芸国五龍城主。後に毛利氏の家臣となり、毛利元就の娘(五龍局)を妻として一門衆となった。

生涯[編集]

父の宍戸弥三郎元家(従五位下、左衛門尉、明応6年(1498年) - 永正15年(1518年))は、宍戸安芸守元家の孫に当たり、宍戸氏当主宍戸元源の嫡男であったが21歳の若さで討死した。母(山内直通の娘)は実家である山内家に戻されたが、まもなく妊娠していたことが発覚し、隆家が誕生した。

隆家は外祖父・直通の下で養育され、成長したのちに宍戸氏に復帰した。元服に際し、大内義隆より偏諱を受けて隆家と名乗る(一説にはのちに主君・毛利氏より「元」の字を受けて曽祖父や父と同名の「元家」を名乗ったとも言われる)。家臣の讒言により、後見役であった叔父の宍戸隆忠を殺害し、因果関係は不明だが伝承では一時失明している。

宍戸氏は安芸国の国人として代々毛利家と争っていたが、毛利元就の次女(五龍局)を妻として迎え、吉川元春小早川隆景らと軍事行動を共にした。特に隆家は伊予国河野氏一族に娘を嫁がせるなど血縁関係を深め、1567年(永禄10年)からの毛利氏の伊予出兵でも河野氏支援に動いた。元就、隆元からも重用され、元就は宍戸隆家を一門同様として扱うように隆元らに命じている。隆家も元就の期待に添う活躍をし、忠節を尽くしたことから、江戸時代以降も宍戸氏は一門筆頭とされた。

隆家は積極的に毛利家との婚姻を進め、次女が吉川元春の嫡男・吉川元長正室に、三女が毛利輝元の正室となっている。また伊予河野氏の最後の当主・河野通軌は宍戸一門の出である。家督は嫡男の宍戸元秀を廃嫡していたため、嫡孫となる宍戸元続に跡を継がせた。

文禄元年(1592年)、74歳で死去。墓所は広島県安芸高田市にある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 河野通直の母とする説もある
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 田村哲夫編修 1980, p. 60.

参考文献[編集]

関連項目[編集]


先代:
宍戸元源
安芸宍戸氏当主
1538年 - 1592年
次代:
宍戸元続