宍戸バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道355号標識

宍戸バイパス(ししどバイパス)は、茨城県笠間市内を走る国道355号バイパスである。

概要[編集]

  • 起点 : 笠間市南小泉字庄司山1720番[1]
  • 終点 : 笠間市大田町字ニタ澤247番[1]
  • 全長 : 4.20 km[1]
  • 車線数 : 2車線

友部地区の市街地を迂回するために建設された。北関東自動車道友部ICと接続する。また、沿線にはゴルフ場も見える。

歴史[編集]

主な接続道路[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 大田町十字路 - 八反山交差点間の旧道の一部区間は、県道友部内原線に編入。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 道路の区域の変更(平成25年8月22日 茨城県告示第968号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2515号: pp.11-12, (2013年8月22日) 
  2. ^ 道路区域の変更・道路の供用開始(昭和55年12月8日 茨城県告示第1658号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第6893号: pp.5-6, (1980年12月8日) 
  3. ^ 道路の区域決定(昭和57年4月1日 茨城県告示第503号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第7027号: p.8, (1982年4月1日) 
  4. ^ 道路の区域の変更(平成9年5月29日 茨城県告示第619号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第859号: p.7, (1997年5月29日)