安酸敏眞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安酸 敏眞(やすかた としまさ、1952年1月 - )は、日本の思想史研究者。Ph.D.(ヴァンダービルト大学、1985年)。文学博士(京都大学、1997年)。

人物[編集]

[1]鳥取県米子市 生まれ。鳥取県立米子東高等学校を経て、1975年京都大学文学部卒業。1980年同大学院文学研究科博士課程修了。1985年ヴァンダービルト大学大学院修了。1985年日本学術振興会特別研究員、1987年盛岡大学文学部助教授、1993年聖学院大学人文学部助教授、1996年同人文学部教授、2002年同人文学部欧米文化学科長を経て、2004年より北海学園大学人文学部英米文化学科教授。2010-2012年同人文学部長。2014年-2016年同図書館長。2017年より北海学園大学学長に就く[2]

受賞歴[編集]

処女作Ernst Troeltschにより、昭和62年度日本宗教学会賞受賞。

研究領域[編集]

E・トレルチG・E・レッシングに関する研究で知られているが、それ以外にも宗教改革期のスピリチュアリストのセバスティアン・フランクや19世紀の古典文献学者アウグスト・ベークに関する研究にも取り組んでいる。

著書[編集]

  • Ernst Troeltsch: Systematic Theologian of Radical Historicality (Atlanta: Scholars Press, 1986; Oxford & New York: Oxford University Press, 2000)
  • 『レッシングとドイツ啓蒙-レッシング宗教哲学の研究』(創文社、1998年)
  • 『歴史と探求-レッシング・トレルチ・ニーバー』(聖学院大学出版会、2001年)
  • Lessing's Philosophy of Religion and the German Enlightenment: Lessing on Christianity and Reason (New York: Oxford University Press, 2002)
  • 『キリスト論論争史』(共著、日本キリスト教団出版局、2003年)
  • 『歴史と解釈学 ― 《ベルリン精神》の系譜学』(知泉書館、2012年)
  • 『人文学概論 ― 新しい人文学の地平を求めて』(知泉書館、2014年)
  • 『欧米留学の原風景 福沢諭吉から鶴見俊輔へ』(知泉書館、2016年)

など。

訳書[編集]

  • E.トレルチ『信仰論』(教文館、1997年)
  • F.W.グラーフ『トレルチとドイツ文化プロテスタンティズム』(共編訳、聖学院大学出版会、2001年)
  • カール・バルト『十九世紀のプロテスタント神学 中』(共訳、新教出版社、2006年)
  • カール・バルト『十九世紀のプロテスタント神学 下』(共訳、新教出版社、2007年)
  • アウグスト・ベーク『解釈学と批判 ―古典文献学の精髄―』 (知泉書館、2014年)
  • F.N.グラーフ『キリスト教の主要神学者 下』(教文館、2014年)

など。

[編集]

  1. ^ 『北海道人物・人材情報リスト 2009』(日外アソシエーツ編集・発行、2009年)参照
  2. ^ 『北海道新聞 2017年4月8日朝刊』31頁参照
先代:
木村和範
北海学園大学学長
第10代:2017年 - 
次代:
-