安部悦生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安部 悦生(あべ えつお、1949年 - )は、日本経営学者である。

東京都出身。学位は経済学修士。専門は経営史

研究分野は、経営史、経済史経営学企業家活動経済政策(含経済事情)、英国経済事情など。

イギリス鉄鋼産業研究やチャンドラー研究の第一人者として著名。 近年はポスト・チャンドラーモデルや経営文化などを中心に研究を行っている。

交友関係は、経営史/経済史関係を中心に幅広く 例えば、独自の「海洋史観」論で著名な川勝平太、先輩では鈴木良隆湯沢威、後輩には米倉誠一郎、 海外ではレズリー・ハンナ、マサイアス・キッピング、ネイオミ・ラモロー、ジェフリー・ジョーンズなどがいる。

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1978年 明治大学経営学部助手
  • 1980年 明治大学経営学部専任講師
  • 1984年 明治大学経営学部助教授
  • 1989年より明治大学経営学部教授
  • 1997年ロンドン大学(Royal Holloway)にて客員教授
  • 2003年4月~2008年3月 明治大学大学院経営学研究科委員長
  • 2010年4月~2014年3月 明治大学経営学部長

著書[編集]

単著[編集]

  • 『大英帝国の産業覇権――イギリス鉄鋼企業興亡史』(有斐閣, 1993年)
  • 『ケンブリッジのカレッジ・ライフ――大学町に生きる人々』(中央公論社[中公新書], 1997年)
  • 『経営史』(日本経済新聞社[日経文庫], 2002年)
  • 『経営史 第2版』(日本経済新聞社[日経文庫], 2010年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『金融規制はなぜ始まったのか――大恐慌と金融制度の改革』(日本経済評論社, 2003年)

共編著[編集]

  • Changing Patterns of International Rivalry: Some Lessons from the Steel Industry, co-edited with Yoshitaka Suzuki, (University of Tokyo Press, 1991).
  • The Origins of Japanese Industrial Power: Strategy, Institutions and the Development of Organisational Capability, co-edited with Robert Fitzgerald, (F. Cass, 1995).
  • The Development of Corporate Governance in Japan and Britain, co-edited with Robert Fitzgerald, (Ashgate, 2004).

訳書[編集]