安達瑛二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安達 瑛二(あだち えいじ、昭和12年(1937年1月26日 - )は、日本工学者工学博士豊田工業大学名誉教授山形県鶴岡市出身。

略歴[編集]

著作物[編集]

著書[編集]

  • 「設計工学―製品開発の方法―」

論文[編集]

  • 「鉄道車両構体の弾性振動解析」
  • 「付加質量の最適化による工作機械の振動低減法」
  • 「感性評価を含む多目的満足設計」
  • 「質量を分布した連続粘弾性材の制振効果」
  • 「試作評価による感度係数同定と多目的満足設計」
  • 「多元連立方程式による多目的満足設計法の解の探索」

共著論文[編集]

  • 「目標幅を持つ異質な目的関数の多目的満足設計」 共著者:古賀勝紀 (第4回日本設計工学会論文賞受賞)

博士論文[編集]

  • 「自動車車体のシェイクの研究」 1971年6月17日 東京大学 乙第2550号

受賞歴[編集]

  • 第4回日本設計工学会論文賞

外部リンク[編集]