安達房治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安達 房治郎(あだち ふさじろう、1884年明治17年)8月19日[1] - 没年不詳)は、日本逓信官僚朝鮮総督府官僚。実業家

経歴[編集]

愛知県名古屋市出身[1]1909年(明治42年)、東京帝国大学法科大学独法科を卒業し、高等文官試験に合格した[1]。逓信属、逓信管理局事務官、逓信書記官、高等海員審判所理事官などを歴任[1]1920年大正9年)、国際労働機関事務局職員となる[1]1923年(大正12年)に帰国後は、帝都復興院物資供給課長を務めた後、朝鮮総督府土地改良部長に転じ、さらに咸鏡北道知事に就いた[1]

1930年(昭和5年)に退官した後は、台湾電力株式会社副社長、台湾電化株式会社取締役、日本アルミニウム株式会社監査役、朝鮮蛍石株式会社社長、日本鉱業株式会社取締役、帝国石油資源開発株式会社取締役、朝鮮日産化学株式会社社長などを務めた[1][2][3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第12版』帝国秘密探偵社、1937年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版(上)』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版(上)』人事興信所、1943年。