安達征耶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
あだちせいや
安達征耶
本名 安達 征耶
生年月日 (1989-02-20) 1989年2月20日(29歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府城陽市
身長 170cm
血液型 A型
職業 俳優タレントファッションモデル実業家
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2005年 -
事務所 エヴァーグリーン・エンタテイメント2010 - 2014年
主な作品
映画
間宮兄弟』(2006)
嫌われ松子の一生 (映画)』(2006)
アキハバラ@DEEP』(2006)
ハンサム★スーツ』(2008)
鴨川ホルモー』(2009)
アリーキャット』(2017)

安達 征耶(あだち せいや、1989年2月20日 - )は、日本俳優京都府城陽市出身。

略歴[編集]

デビュー前

2001年、21世紀を代表する少年として、京都新聞に取り上げられ、元旦の日に全国紙で紹介されている。

デビュー

幼少期から両親の仕事の影響でファッションに興味を持ち始め、高校在学中にモデルをしていた友人と共に、度々ファッション誌のスナップに登場していた事がキッカケで、芸能プロダクションの目に留まりスカウトをされる。

読者モデルとしての活動を『FINEBOYS』等の雑誌で始め、スカウトを機に芸能界入りし、モデル事務所、個人事務所を経て、2010年にエヴァーグリーン・エンタテイメントに移籍。

以来、主に雑誌のファッションアドバイザー、読者モデルとして活躍の場を広げている。

一方で、2006年公開の映画『間宮兄弟』で俳優としてもデビューし、同年『SAKURA』で初の舞台に挑戦。

モデル活動については、身長も高くなく伸びが止まった為、以降モデルとしての活動はしていない。

当初は、何時まで経ってもデビューさせてくれない事に業を煮やし、「自らの情報は自ら発信するのが得策である」という考えで、所属事務所の許可を得ずに、SNSのアカウントを取得し、テレビ番組等にもあまり露出していない無名も同然の時期でありながら、フォロワーをどんどん増やし、デビューの運びへと繋げた。

その他

2014年4月2日付で所属事務所であったエヴァーグリーン・エンタテイメントのマネージメント業務委託契約の内容に違反した事を理由に、同事務所とのマネージメント契約を終了。

契約解除の理由については、前文の様な内容が理由だったか定かでは無いが、法的な問題を起こした訳では無いとされている。

人物[編集]

愛称は「あだっちゃん」・「アダッチー」・「アダチマン」・「ダッチ」・「だっちん」・「だっちゃん」・「だちだち」[1]

右利き。 小学生時代、右手首を骨折し、骨折部位にギブスをはめていた事もあって、当時だけ左手で器用に何でもこなしていた[1]

実家が美容院だという事もあってか、高校では美容を専攻し、一度は美容師を志しはしたが、諦めた。美容専攻では、自分以外の周りの生徒が女子だったという事もあり、そのお陰で女の子に対しての免疫がついたと語っている。自らのヘアスタイルには強いこだわりがあり、ヘアスタイルを変える度に、髪の毛が細く毛量が少ない事にコンプレックスを感じている。ただ禿げた時の心構えは出来ているみたいで、その時が来たら剃ると語っている[1]

好きな食べ物は、母親の出身地でもある長崎発祥の皿うどんや、親子丼・カレーうどん・ホルモン焼き[1]

嫌いな食べ物は、生物・寿司・味噌[1]

三人兄弟の長男で、弟が二人いる[1]

性格

性格について本人曰く、「基本真面目、だけど、案外面倒くさがりでマイペースな分、頑張れ等といった励ましの言葉や水を差す様な発言を受ける事が嫌い」と語っている[1]

趣味・嗜好

古着屋巡り音楽鑑賞読書・家具や雑貨収集・カフェ巡り

小学高学年の頃にDragon Ashの楽曲を聴いて音楽に夢中になる。以降、ソウル、ファンク、ヒップホップ等聴くジャンルの幅広げていく[1]

読書については「読める時は1日で一気に読んだり、基本的には、移動の際とか、時間がある時や眠くない時に読みます」と語っている[1]

特技

サッカーダンススケートボードロードバイク[1]

取得資格

色彩検定カラーコーディネーターインテリアコーディネーター

出演[編集]

映画

舞台

雑誌

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j JUNON』インタビューより
  2. ^ 公演情報 2013年11月”. 天王洲 銀河劇場. 2015年12月1日閲覧。


外部リンク[編集]