安藤裕康 (天文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

安藤 裕康(あんどう ひろやす、1946年11月5日 - )は日本天文学者理学博士国立天文台名誉教授。専攻は天体物理学天体からのを分光解析する第一人者の一人。兵庫県佐用町出身。東京大学理学部天文学科卒業。

略歴[編集]

  • 1971年 - 東大大学院に入学。
  • 1976年 - 東大大学院博士課程修了、東大附属東京天文台の研究員となる。同年3月。東京大学 理学博士 論文は 「Overstability of acoustic modes in late-type stars and its observational implication(晩期型星に於る音波モードの過安定性とその観測的意味)」[1]
  • 1986年 - 東京天文台助教授。
  • 1988年 - 東京天文台が国立天文台に改組されたので、国立天文台助教授となる。
  • 1991年 - 国立天文台教授。
  • 2000年 - 建設完了した「すばる望遠鏡」の運用のため、国立天文台ハワイ観測所に異動。
  • 2002年 - 三鷹キャンパスに戻る。

研究テーマ[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク[編集]