安藤直之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
安藤直之
時代 江戸時代中期-後期
生誕 寛保2年12月22日1743年1月17日
死没 文化2年8月10日1805年9月2日
改名 大河内祝嘏→安藤直之
別名 大河内将曹→安藤木工之助→彦四郎(通称)
戒名 源樹院殿直誉騰山誼純大居士
墓所 東京都千代田区麹町の栖岸院
官位 従五位下、伊予守
幕府 江戸幕府駿府城代
主君 徳川家治家斉
氏族 大河内松平氏安藤氏
父母 父:松平信祝、母:側室 狭妻(小林氏、清凉院)
養父:安藤直元
兄弟 松平信復中川久貞松平正温、翁之丞、直之
多代(松浦有信縁女)、伊代(本多正珍縁女)、得寿(京極高矩室)、溝口直温室)、喜尾(松平信直室)、兼(松平輝高正室)、八十(北原忠光室)、光、幸(松平輝高継室)、郁(松平信直継室)、参、賀久、皆(戸川達恒縁女)
正室:安藤直元の娘
直温、保之、直則武藤安存直與
女(斎藤利道室)、女(酒井忠徹室)

安藤 直之(あんどう なおゆき)は、江戸時代中期-後期の旗本寄合)。石高は4535石。

生涯[編集]

寛保2年(1742年)12月22日、遠江浜松藩主・松平信祝の五男として江戸で生まれる(幕府には元文5年(1740年)生まれと届ける)。同族である上野高崎藩主・松平輝高の仮養子となっていたが、輝高の実子が成長して丈夫届を幕府に提出したため、宝暦4年(1754年)7月に解消された。宝暦6年(1756年)2月23日に250石を与えられ、三河吉田藩谷中下屋敷の山之屋形へ引越す。

明和3年(1766年)8月11日に旗本・安藤直元の婿養子となり、直之と名乗る。明和4年(1767年)3月19日に初めて将軍家治に拝謁した。明和6年(1769年)4月15日、養父・直元の隠居により家督を相続した。明和8年(1771年)3月27日に中川御番安永2年(1773年)12月12日に火消役となる。同年同月16日、布衣の着用を許される。安永9年(1780年)11月15日に百人組頭寛政4年(1792年)12月24日に小姓組番頭となる。同年同月28日、従五位下伊予守に叙任される。寛政9年(1797年)6月5日に西丸書院番頭、寛政10年(1798年)12月10日に書院番頭となる。享和3年(1803年)閏1月30日に大番頭となり、二条在番を勤める。文化2年(1805年)2月29日に駿府城代となり、同年8月11日に在職のまま駿府で病死した。享年64(公的には66)。

参考文献[編集]

  • 『寛政重修諸家譜』第十七巻
  • 『豊橋市史』第六巻