安藤忠一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安藤 忠一郎(あんどう ちゅういちろう、1887年明治20年〉11月9日 - 1954年〈昭和29年〉1月11日)は大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍少将

経歴[編集]

秋田県出身。秋田中学校を経て、1909年(明治42年)5月、陸軍士官学校卒業(士候21期)。同年12月、陸軍歩兵少尉任官。

歩兵第32連隊留守隊長などを経て、1939年昭和14年)10月、第106師団隷下の歩兵第147連隊長に着任し、日中戦争に出征した。その後、熊本連隊区司令官等を歴任し、1941年(昭和16年)3月、陸軍少将に昇進。1942年(昭和17年)3月、第9独立守備隊長に補せられ、1944年(昭和19年)7月、独立混成第60旅団長に転じた。同職で宮古島にて終戦を迎える。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第7998号「叙任及辞令」1910年2月23日。
  2. ^ 『官報』第216号「叙任及辞令」1913年4月22日。
  3. ^ 『官報』第1738号「叙任及辞令」1918年5月21日。
  4. ^ 『官報』第3301号「叙任及辞令」1923年8月1日。
  5. ^ 『官報』第535号「叙任及辞令」1928年10月5日。

参考文献[編集]